水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒15 第11話 感想 終わりの始まり!亀山、神戸、甲斐、ダークナイトが登場

   

1月11日放送のドラマ「相棒15」第11話「アンタッチャブル」のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

「相棒15」元旦スペシャルも終わり後半戦に入ってきましたね!

特命係の終わりの始まりの回だったのか?

何気ない通り魔事件と思っていたら、目撃者は副総監の衣笠の娘・里奈でした。接触禁酒令が出ている中でも右京さんと冠城はお構いなしに接触を試みて事件解決へ!

さすが特命係!しかし今回の件で以前から特命を快く思っていなかった衣笠の怒りに火をつけてしまった?

ついでに里奈役の桜田ひよりさんの情報も調べてみました!記事下のリンクへどうぞ!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

唯一の目撃者は警視庁ナンバー2の愛娘!?
特命係が手掛かり無き殺人事件に挑む!

都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。

犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。

それを受け、刑事部長の内村(片桐竜次)は、自分に火の粉が及ばないよう、あらかじめ特命係に事件とかかわらないよう釘を刺す。

ところが、そんなことはお構いなしの右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく事件現場に足を向ける。周辺の状況を確認した右京は、現場は人通りの少ない通りで、近くにコンビニなどもないことから、目撃者である少女はどこに向かおうとしていたのか気になる。

すると、事件現場付近の空き家に中学生ぐらいの少年少女がたむろしているのを発見し、注意する。その中には、事件の目撃者である里奈(桜田ひより)の姿もあった。そんな中、中園(小野了)は、事件が起きた日が被害者の娘の誕生日だったことを知り、同じく娘を持つ父親という自身の境遇を重ね、事件の早期解決と上層部の命令との板挟みに苦悩する。

実は、中園たちが頑なに口を閉ざしている目撃者・里奈の父親とは、警視庁副総監である衣笠(大杉漣)であった。さらに、その事件の背後で“ある人物”が特命係の存続にかかわる危険な裏工作を進めはじめて…!?

目撃者の少女との接触を禁じられ事件は迷宮入り…!?
そんな中、意外な人物が真相解明の突破口を開く!
そして、この事件をきっかけに特命係が“終わりの始まり”を迎える!?

ゲスト:桜田ひより

脚本・監督

脚本:山本むつみ
監督:橋本一

番組公式サイトより引用

命令系統無視の男たち

目撃者の証言はすでに取ってあるから問題ない、と目撃者との接触を禁止された右京さんと冠城の会話。

「事情聴取無しで問題ない、なんてことありますか?」

「ありません。」

「会わないんですか?」

「言いなりになるのもシャクですしね~。ではちょっとだけ」

特命係最高(笑)

素早く怪しい中学生たちを発見!

同じころ中園参事官は事件の被害者が娘の誕生日に殺害されたことを知り、心を痛めます。

そして、特命を呼び出し釘を刺すと見せかけて

「副総監がどれだけこころを痛めておられるか」

と警察関係者が衣笠副総監であることをわざと漏らしました。

「警察官の初心に帰れ!」

と1人呟く中園さんかっこいいやん!

右京さんはわざとだと気づいたようでしたが、

「そんな男気、参事官にあると思えませんけど」

と冠城(笑)

スポンサーリンク

青木の目的は特命を潰すこと?

青木の父親は副総監の友人だと言っていたことを思い出した右京さんは青木に副総監の家族の事を根掘り葉掘り聞きます。

  • 娘は市原里奈 中学三年生
  • ちょっと訳あり
  • 3年前「家族も殺す」と脅迫状が来ていた
  • 母親の旧姓を名乗っている

など衣笠家の情報をどんどん右京さんに教える青木、右京さんと冠城が情報をもとに捜査を開始すると

特命係の終わりの始まりだ

と不気味な笑いをします。

 

里奈を見つけた右京さんと冠城は事件当時のことを聞くために花の里に誘います。

幸子が里奈に

お父さんも刑事さん?と聞くと

「いいえ。ただの役人です。いつも自分が正しくて自分の指示どおりに動かないと気に入らない人。」

と答えました。

衣笠は青木を利用して特命係を潰そうとしてるのでしょうか?

 

衣笠は右京さんの刑事としての腕は評価しているようですが、自分の命令に従わない特命係を危険視しているようです。

ラストで衣笠が特命係の資料に目を通すシーンがありました。

構成メンバーとして

  • 亀山薫
  • 神戸尊
  • 甲斐亨

の名前が載っていました。

そして、ダークナイトの記述もありましたね。

成宮寛貴さん芸能界を引退してしまったので、再出演はあり得ないですよね。

でも回想シーンは使えるんですよね?たぶん。

感想まとめ

今回かなり重要な回だったんじゃないですか?

副総監が特命係を潰そうと決意したことは間違いないようですし、青木は副総監の手下のようです。

これまで青木が特命係に協力してきたのは特命係の情報を収集して衣笠に上げるためだったんでしょうね。

一気に終盤に向けて不穏な伏線が張られた感じです!

事件のストーリーも面白かったし、何かが始まりそうな雰囲気も良かったです。

次回が楽しみですね!!

スポンサーリンク

「相棒15」第11話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「相棒15」全話の感想はこちらです!

里奈役の桜田ひよりさんの情報はこちらです!

 - テレビ