水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

地味にスゴイ 校閲ガール 第9話 感想 いい話で感動!森尾いいやつ

   

11月30日放送のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話のネタバレあらすじと感想を書いて行きたいと思います。

image

オシャレ大好き、超ポジティブ思考の河野悦子(石原さとみさん)が、ここにきて地味に?

一体どうした?何があった?いつも化粧バッチリ、一ミリも手を抜かないのにどういう心境の変化なんだ?

どうやら以前から憧れていたファッション誌”Lassy”編集部のお手伝いをしていて 悦子の考えていた仕事と違っていたようで…

それに森尾(本田 翼さん)にフラれた貝塚八郎(タコ)(青木崇高さん)によると、森尾も幸人(菅田将暉さん)の事を好きな様子で…

ガーン!これはショックやね。

確かに地味にもなるわ。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

憧れのファッション誌『Lassy』の校閲を手伝うことになり、張り切る悦子(石原さとみ)。しかし、雑誌の校閲は普段やっている書籍の校閲とは勝手が違うため、苦戦する。

かたや森尾(本田翼)は『Lassy』の編集部員として大きな仕事を任されていた。そんな森尾の様子を目の当たりにして、悦子は校閲の仕事に劣等感を感じるようになる。

一方、悦子と幸人(菅田将暉)の関係は相変わらず、あいまいなままだった。そんな中、悦子は貝塚(青木崇高)から、森尾が幸人のことを密かに想っていると聞かされ、ショックを受ける。

恋愛もうまくいかない上に、仕事にもやりがいを持てなくなる悦子。彼女は、校閲部員たちを驚かせるほど地味な服装で出社したりと、すっかり元気を失くしてしまう…。

番組公式サイトより引用

地味でスゴくない悦子のファッション

 

悦子のお洋服🍀 地味エツ🌀 #地味スゴ #9話 #河野悦子

【公式】水ドラ『地味にスゴイ!』さん(@jimisugo)が投稿した写真 –

インフルエンザが流行り、ファッション誌”Lassy”の校閲をする事になった悦子と米岡光男(和田正人さん)は張り切って”Lassy”編集部に向かった。

現場では、ファッション誌ならではのブランドのロゴや値段などの間違いはしない様にと念押しされ、普段の校閲とは違う事を実感する。

しかし、副編集長に着まわしコーデの件を意見したが、”自己アピールする前に校閲をしっかりしてほしい”と反対に言われてしまった。

それに、ブランドロゴの間違いがあり、副編集長に叱られてしまう。

反対に森尾は巻頭企画を任され、大役に忙しそう。

悦子は表に出ない校閲の仕事と、森尾の大役に心が折れてしまった。

現場が違えば やり方も違うのね、小さい事も追求する普段の仕事と えらい違い。

でも、時間がないから細かいことまで追求しないのは 単に流されてしまってるってことじゃないの?

ファッション誌を楽しみにしてる読者は、そんな なあなあで仕事してるのか…とガッカリくるんですけど。

そういえば、長年 続いてるファッション誌なんかも時期によって毎年 同じような記事を載せてることあるわ。

なんか読む気 失せるーー!

次の日 悦子は挨拶もせず、化粧もせず、髪の毛は無造作にくくったまま、お弁当もおかず無し、ファッションは地味になっていた。

心配した校閲部メンバーはそっと様子を伺っていた。

幸人も心配し、強引に約束を取り付けた。

一日中元気がなかった悦子をみんなは励ますが やはり落ち込んだまま。

おー?そんな変わる?高低差激しすぎ。メークもしてないやん、でもメークしてなくても石原さとみさんはメチャ可愛いわ、これがまた。

お弁当もおかず入れにも白米って!!

あまりにもシンプル過ぎて笑える。

隣で一緒に食べていた藤岩りおん(江口のりこさん)が、おかずを分けてあげるも ソーセージや玉子焼きでキャラ弁と早変わり。

やる事、優しいわ。心がこもってる!キャラ弁見てホッコリしてしまった。

この藤岩さん、貝塚を”タコ”と言いかけてしまったり完全に悦子の影響を受けてるやん。

単に冷たい人みたいな印象だったけど、だんだん 好きになってきたよ、ホント。

悦子は幸人を好きかもしれない森尾の気持ちを確かめ、好きではないとわかって元気を取り戻し再び校閲を開始する。

”かわいい””可愛い”などの表記の統一性、スカーフの指摘出しなど校閲をして、幸人に言われた言葉を森尾ら編集部員に投げかけた。

私たちにも当たり前を守らせて下さい!

と自信をもって悦子は言って校閲部に帰っていった。

初めてのスランプやったね、こんなに落ち込むんや、ビックリやな。

いつもハイテンションだから余計に驚くわ。

校閲は、地味な仕事っていうのがいろんな事があって再認識したんやね。しかし、自分がした事が評価されないのはつらいよね?

一生懸命やった事はなおさら評価されなかったら落ち込むわ。

何の為にやってるんやろ…とか思ってしまうのよくわかるわ。

でも世の中 縁の下の力持ち的仕事の方が多いよ、評価されないの。

その縁の下の力持ちがいないとホントは世の中廻っていかないんやけど、この校閲のお仕事実際 私もドラマで初めて知ったくらいだから、まだまだ 表に出ない仕事ってあるんやろなぁ、と思わせてくれた回でした。

悦子、幸人、森尾、いよいよ三角関係か?

”Lassy”の校閲を手伝いに行った悦子は、貝塚と話をしている時、森尾の気になる発言を悦子に言った。

居なくなって初めて気がついたって、正しく幸人の事だと悦子は仕事面で落ち込んでいたのに加えて余計に落ち込んでしまった。

そんな悦子を励ます為、幸人は強引に会う約束を取り付けた。

会っても元気がない悦子に

”当たり前の事を当たり前にする事を陰で作っている人達がいることはスゴイ”

陽の当たらない場所で輝いている人が居る

と、自分が歩いて撮りためてきた写真を見せて励ます幸人。

なんて健気なんでしょう!幸人くん。

いつも自分が元気をもらってるからか、悦子を励ます幸人はとても一生懸命で健気な姿がとてもいい!

こんな風に自分の為に一生懸命励ましてくれたら感謝感謝で泣けるよ。

そんな姿にキュンとするわ。これが、頼りなさそうな人がするから心を打たれるのであって、普段からしっかりしてる人がしたのでは感謝はするけど、キュンとはこないよ、絶対にね。

そして、幸人はちゃんと告白をしようとしたが、悦子は慌てて話を止めてしまった。

時間がほしい、と悦子が向かったのは森尾のマンション。

幸人と付き合ってもいいかな?と聞く悦子に対して森尾は

居なくなって心にポッカリ穴が空いた、でもそれだけだから

とハッキリ悦子に言った。

森尾に気持ちを確かめスッキリした悦子は元に戻った。

そして悦子は幸人に好きです、と告白する。

森尾、悦子の事も初めは めんどくさい先輩とか言ってたけど、結局 大好きなんやん。

あわや三角関係か?とヒヤヒヤしたけど。

でも 悦子はワザワザ幸人の告白を遮ってまで森尾に気持ちを聞きに行くなんて、正直者やわ。私なら とりあえず幸人とは付き合って森尾には事後報告だけするけどなぁ。

そんなもんじゃないの?まぁ、悦子のこんなとこが森尾は好きなんやね。

事後報告してるような奴は、好かれないってことかな。

それにしても悦子の立ち直りの速さ、落差がハンパない。

個人的にはこんなに落差が激しい人は振り回されてしまったりするからノーサンキューなんやけど、周りの人が良い人達ばかりだから悦子はなんとかやっていけるんじゃないかなぁと思いますね。

第9話の感想まとめ

立ち直った悦子がとうとう幸人に逆告白するのだけど、良いとこで電話が!

電話の相手は森尾。さらに悦子がファッション誌編集部に移動することに!

これはスゴイことじゃないの?

念願だったファッション誌編集部、悦子にとったら願ったり叶ったりの事ですよね。

ファッションはもちろん悦子の得意分野だから向いてると思うけど、校閲部の仕事も結構向いてると思うんですけど。

せっかく慣れてきて作家先生や、校閲部のメンバー共 馴染んできてるのになぁ。

希望していた部署だからよかったね、と言いたいとこだけど校閲部、みんないい人ばかりでなんだか素直によかったの、と言えないわぁ。

予告では悦子は張り切って編集部に変わってみたいな感じだったけど、ホントに移動する?

最後には校閲部に居残る様なエピソードがあるような感じがしますね。

って、やっぱり校閲部に残ろうか、名前も河野悦子だしね。

いよいよ第10話は最終回!

どうなるんでしょう?!

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話の視聴率はこちらへ!

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」全話の感想まとめはこちらです!

 - テレビ