水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

IQ246 華麗なる事件簿 第7話 感想 マリアT逮捕の理由は?小ネタ満載で面白い!

   

211月27日放送のドラマ「IQ246華麗なる事件簿」第7話の感想を書いて行きたいと思います。

img_0251

第6話のラストでついに姿を現した”13”、”M”、”マリアT”と呼ばれる人物はやはり監察医の森本明美(中谷美紀)でした。

毒ガスを沙羅駆(織田裕二)に浴びせて、

「ここを封鎖しろ」

の名言を引き出しましたね(笑)

しかし、沙羅駆はすでに毒ガスのワクチンを開発して接種していたため、無事でした。

 

そして、新たな事件が起こりますが今回の第7話では沙羅駆がついに恋をしたようです。

その相手は女優・美園麗子(山口紗弥加)です。

もちろん今回の犯人役なのですが、沙羅駆の新たな一面が見られたようなきがします。

 

事件が解決してひと段落したところで、奏子の携帯に着信があり、その内容は

「森本明美が確保された」

というものでした!

どうしてマリアTは自ら捕まったのか?

 

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”。その“マリア・T”が監察医の森本朋美(中谷美紀)に成りすましていたことが判明。姿を消した彼女追う沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)は入手した朋美のパソコンから経度と緯度を示す数字の羅列を見つける。それが“マリア・T”からの何らかのメッセージだと考えた沙羅駆は奏子(土屋太鳳)や賢正と共にその羅列数字が示す地点にあるテレビ局の撮影スタジオへと向かう。

沙羅駆らが訪れたTVスタジオでは若手女優の千草あやめ(佐野ひなこ)が主演を務めるTVドラマ『麗しの探偵』の撮影が行われていた。あやめは現在人気女優としてブレイク中で、スクープを狙うマスコミから常に追われる身だったが、その一方で同じドラマの犯人役を演じる女優・美園麗子(山口紗弥加)は狙っていた主演の座をあやめに奪われ、一斉風靡したかつての人気も陰を潜めていた。そんな二人が水面下で新旧女優バトルを繰り広げる中、スタジオ内を見て回っていた沙羅駆たちは“マリア・T”が何かを仕掛けているはずだと手がかりを探し回るのだが、徒労に終わる。

写真 ところがその夜、警察に「美園麗子を殺した」という通報があり、事件を聞きつけた沙羅駆たちは“マリア・T”が関わっていると察し現場へ急行する。すると事件の被害者は通報とは異なり、何故か麗子の装いをしていたあやめだった。事件の夜、あやめは自分をマークするマスコミの追跡を巻くため、麗子とお互いに衣装や車を交換してスタジオから帰宅したのだった。麗子が近頃、ストーカーから脅迫されていたことが判明し、現場の状況からあやめは麗子のストーカーに麗子と間違われて殺害されたと判断されるのだが……。
沙羅駆は麗子の動向に興味を抱き始める。

番組公式サイトより引用

今回も小ネタが豊富です

沙羅駆と賢正(ディーンフジオカ)と奏子が向かったTTSテレビでは小ネタが満載でしたね。

壁に貼ってあった収録スタジオの案内には

  • 二階堂ロイド
  • ギャリア
  • 崖っぷち タマノコシハンター 祈子
  • かじきまぐろ
  • ◎マーケット
  • おかみさーん!痴漢ですよ

などパロディドラマの題名がたくさん!

他にも

  • あわない刑事
  • 世にも微妙な物語
  • 無賃乗車の旅
  • お昼だよ全員厨房

等上げればきりがない小ネタ張り紙がありましたね。

ほやボーヤの着ぐるみも!

麗子主演で取り直したクランクアップシーンに映っていたうちわは「オカダ」と書いてあり「99.9刑事専門弁護士」で出てきた小道具のようです。

他には奏子の

「ちょっと!ちょっとちょっと!」

とか誰のネタでしたっけ?というようなものから

「事件は会議室で起きている」

という織田裕二さんネタもあれば

「ビューティフルワイフ」や「危ういデカ」

なども。

犯人の麗子が殺人を犯してまでも、手に入れたかった「麗しの探偵」はドラマ内ではオードリーピッツバーグ主演の映画でしたが、本家は

オードリーヘップバーンの名作

「麗しのサブリナ」

主役の名前は

佐分利リナ

本家はサブリナ

 

もう、ストーリーとは関係なく小ネタやパロディを探すのが定番となっている「IQ246」です。

スポンサーリンク

マリアTはどうして自ら捕まった?

 

以前から沙羅駆は森本明美がマリアTだとわかっていたようですね。

しかし証拠がなかったために何もできなかったようです。

それを聞いて賢正は

「教えて下されば即刻射殺したのに」

と言ってました!

なんて物騒なんだ賢正!

しかも射殺ってことは銃を持っているってこと?

奏子さんこれは犯罪を自供しているも同然ですよ!

ただの貴族の末裔の執事が銃を持っていると自白しているわけですから(笑)

 

奏子はそんな賢正の言葉に

「マリアTって何者なんですか?」

と聞くと

許せない人物です、絶対に。世界的に暗躍する犯罪コンサルタントでIQ300」

と賢正が言っていました。

IQ300って!

沙羅駆より高いじゃないですか!

謎の人物なのになぜマリアTのIQが300だと賢正が知っているのかはさておき、その頭脳を持っているマリアTが第7話のラストで警察に捕まりましたね。

どう考えても、わざとだとしか考えられませんが、その理由はなんでしょうか?

もちろん確実に逃げられる方法を確保してるハズですし、なにかまだ明らかになっていない訳があるのでは?

と考えていると第8話の予告でなんと、沙羅駆が逮捕されるという事態になっているようです。

しかも沙羅駆の行動を報告していた奏子のパソコンがハッキングされて、これまでは世間に知られていなかった

ただの貴族の末裔の沙羅駆が警察と共に事件を解決していたことが、公表されてしまうようです。

 

マリアTはおそらく沙羅駆と遊ぶつもりなんじゃないかなと予想しますね。

自分が捕まっているのに、次々と新たな事件が起こり沙羅駆がどうやってそれを解決していくのか?を楽しむつもりかも知れません。

嫌な女ですね。

第7話の感想まとめ

今回は車いすに乗った沙羅駆が犯人の麗子と恋に落ちる?という展開でしたが、実際に沙羅駆は麗子に恋心を抱いていたような感じでしたよね。

恋愛をしたことがない沙羅駆が初めて恋をしたのは、殺人犯だった

とは皮肉なものです。

これもマリアTの仕業なのでしょうか?

そして、1つ気になったのは奏子が沙羅駆に

「顔色が悪いです」

と言ったときに

「前からだ」

と沙羅駆は軽く言っていましたが、これって沙羅駆が何か病に侵されてるフラグとか?

 

それと、マリアTは沙羅駆に

法門寺家は代々、暇を持て余して自殺する

と言っていましたが、沙羅駆に自殺しそうな雰囲気は今のところないですよね。

賢丈が「世継ぎを」とうるさく言うのは代々自殺して短命な法門寺家の運命を知っているからだったんですね。

 

マリアTが法門寺家に宝石商としてやってきたとき、瞳の首かイヤリングに手を伸ばしてたシーンがありましたよね。

その後、瞳の無事は沙羅駆が確認していますが、あのときマリアTは瞳に何をしたのでしょうか?

そのあたりも気になります。

 

何もかも謎だらけで、気になることばかりです!!

 

さあ、次回第8話のゲスト出演者は稲垣吾郎さんです。

稲垣さんは「踊る大走査線」に出演してますから、パロディシーンも豊富に出てきそうですね。

しかも「踊る」では稲垣さんが犯人、織田さんが刑事でしたが「IQ246」では立場が逆転してしまうようです。

マリアTを操っていたのが沙羅駆ではないかと疑う警視庁捜査一課管理官・牛田寛人を稲垣さんが演じます。

これは今から楽しみで仕方ないですね!!

早く続きが知りたいですね!

スポンサーリンク

「IQ246華麗なる事件簿」第7話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

 - テレビ