水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

カインとアベル 第6話 感想 BLかとドキドキした!コラボで川口春奈出演!

      2016/11/22

11月21日放送の月9ドラマ「カインとアベル」第6話の感想を書いて行きたいと思います。

image

優や梓たちが残業してると「Chef三ツ星の給食」の春子役の川口春奈さんがケータリングを持って来ましたね。

「オニオングラタンスープがおすすめ」

と優が言っていました。最近よくあるドラマ間コラボですけど流行りなんでしょうか?

山田涼介さんと川口春奈さんはドラマ金田一で共演してたから久々の共演ですね。

そして本題のドラマの方は今回も隆一が嫉妬に狂っていましたね。

ちょっと桐谷健太さんが嫌いになりそうなくらい小さい男でしたよね。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

 休日出勤していた優(山田涼介)は、矢作梓(倉科カナ)に後ろから優しく抱きしめられた。しばらくこのままでいてほしいと頼む梓に、どう接していいのか分からない優。

時間が経つと、梓は優から離れ、いつもの明るさに戻って残業を励まして帰ってしまった。
 優が家に帰ると隆一(桐谷健太)がいた。

そして、ケンカをして以来、2人きりで初めての会話は以前と同じ。隆一は、梓との結婚準備が進んでいることに充実していると話し、優にも結婚を勧める。

部屋に戻った優は、梓のことを考えた。その頃、梓は自宅マンションでぼんやりと過ごしていた。

 翌朝も、隆一は貴行(高嶋政伸)と結婚式の話をしている。隆一を見習えと貴行に言われてしまう優。しかし、貴行は新たなプロジェクトのプレゼンの話をしたいと優に会社への同行を求めた。
 会社に着いて貴行と別れた優は、梓に会う。昨夜のことなどなかったかのように、いつもと変わらない様子であいさつする梓が優はますます分からない。

 優が手掛けるプロジェクトの最終プレゼンは2週間後に迫っていた。梓をはじめ、メンバーにコンセプトを告げる。

仕事を手分けして準備しようと話す優に、メンバーたちは快く応じる。団衛(木下ほうか)は、そんな優の仕事ぶりを隆一に報告していた。
 仕事を始めようとした優に、黒沢幸助(竹中直人)から電話が入った。黒沢と会った優は、隆一のバンコクでのプロジェクトについて意外なことを言われて驚愕する。

番組公式サイトより引用

まさかの黒沢と優のBLストーリー?

黒沢から電話がかかってきた優は、黒沢の指定した

FUSION

という人魚の泳ぐちょっと怪しいクラブに行きました。

この店は六本木に実在するようですね。

平日の昼間ということで店内には黒沢しかいませんでしたが、そこで黒沢は

「バンコクのプロジェクトで高田が共同開発する会社はあまり良くないところだ」

という話をします。

優はなぜそれなら100億もの金を出資してくれたのか聞きました。

すると、優の頬に優しく手を触れて

「お前を愛しているからだ」

とまさかの告白!

「えっ???」

と、優は黒沢の意中を全く理解できないといった顔でしたね。

このあとどうやって帰ったのでしょうか?(笑)

まあ120%あり得ないBLネタですけど。

もう一回くらい誘われそうな雰囲気…

スポンサーリンク

隆一がだんだんイヤな奴になっていく

今回も隆一は梓と優の仲を何とか引き裂こうとあれこれやってましたね。

優に「結婚はいいぞ」と上から目線で言ってみたり、

「高田の結婚式ともなると自分では決められないこともあるんだ」

と貴行の前で優に言って同調してもらおうとしたのに、貴行は優を連れて車で会社に行ってしまったり。

 

梓には

「家庭に入るか、仕事を続けるかゆっくり話し合おう」

と言ったにもかかわらず優に

「12月に式を挙げる。梓は仕事を辞める」

と言ってみたり。

 

何なんでしょうね。隆一のこの人間の小ささは?

100億を優のおかげて出資してもらってからというもの隆一は

自分を優より大きく見せようと虚勢を張っているだけ

のダメ息子になってしまったようです。

梓や優に対しても自分に対しても。

 

実際高田の副社長としてこれまでやってきた実績があるのだからもっと大きく構えていればいいのに優に嫉妬するあまり、しょうもない人間になっていますよね。

これからもっとひどくなるのでしょうか。楽しみでもありつつ、ドロドロしそうでちょっとこれ以上見たくない気もします。

 

隆一を理解しているのは今のところ、祖父で会長の宗一郎だけのようで、

「貴行になろうとするな。隆一は隆一でいい」

と言ってくれますが、隆一はこれまで他人に頼ることなく自分1人でなんでも解決してきた人間なので、どうしていいかわからないんでしょうね。

婚約者の梓にさえ自分の弱さを見せることが出来ないんですから、もうどうしようもなさそうな感じです。

第6話感想まとめ

お互い惹かれあう優と梓は2人で明日のプレゼンのために現地入りしました。

気分転換に散歩に出かけた2人はいい感じで、梓は優に弱さを見せて、

優は「もっと梓さんのことが知りたい。」

と言い抱きかけますが、あと少しのところで理性が勝ってしまったようです。

それでも2人はキスしそうな距離の顔で見つめ合っていました。

そんないい場面の梓に電話をかけた隆一は

「あああ!!」

と叫んでいましたね。

 

ていうか梓はどうしたいんでしょうね?

バリバリ仕事をしたい人かと思えば、仕事のリーダーでもある優に甘えてみたり、お姉さん風に接してみたり。

隆一には本心を言えないけど優には言えるとか…

なんか梓にはイライラしますね。

その気持ちを隆一にぶつけてみろや!って思いませんか?

それで結婚がダメになったらそれまでですよ。

そんなことも言えないのに結婚したって、地獄の結婚生活が待っているだけですよね。

 

悩むのはわかるけど梓もイマイチ自分に自信がない隆一みたいな性格なのかもしれませんね。

 

今のところ優がパーフェクトすぎてこれまでダメ男の烙印を押されていたのが信じられません。

隆一が出来過ぎなのを引き立てるためなのはわかりますが、ちょっとやり過ぎでそのギャップが不自然ですよ。

金髪でネクタイの締め方もだらしないほどの優が実は秘めた実力を持っていたなんて、貴行や隆一や周りの見る目が無さすぎるでしょ。

ところで、山田涼介さんって演技上手ですよね。

「ジャニーズにしては」という言葉は不要なくらい上手な気がします。

ジャニーズだから。という理由で色眼鏡で見てしまいがちですが、

演技が上手くてしかもかっこいい俳優

という感じです。

逆に、役のせいなんでしょうけど、桐谷健太さんの演技がどうも馴染めないです。

滑舌の悪さや雰囲気がどうしても隆一役に適任とは思えないですよね。

もっと泥臭い役が似合うと思いませんか?

 

さあ、どんどん2人の距離が遠くなって行く中で次回第7話予告では

「私は隆一さんと結婚するの」

と梓が言っていました。

もう諦めたのかどうかはわかりませんが、優は諦めきれないようですね。

 

今までも何回も言ってますけど、完全に昼ドラのノリですよね。

この隆一の嫉妬と、優と梓がどうなるか?だけで最終回まで引っ張っていくつもりなんでしょうか?

これ以上大きな展開の変化がなさそうな雰囲気になってしまったので、最終回の大どんでん返しに期待したいですね。(あるのかわかりませんが)

でも意外な展開ってあるとしたらどうなると思いますか?

黒沢と優が…しか思い浮かびません(笑)

スポンサーリンク

「カインとアベル」第6話の視聴率はこちらです!

 - テレビ