水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

砂の塔 第6話 感想 弓子と健一の秘密の封筒は何?共犯? 

      2016/11/19

11月18日放送のドラマ「砂の塔」第6話の感想を書いて行きたいと思います。

sunanotou

前回の第5話視聴率が初めて2ケタの10.1%になりました。

第1話からこれでもかと続いていたママ友いじめのシーンが、ほとんどなかったのが良かったのかもしれませんね。

理不尽ないじめシーンは気分が暗くなってしまって見てるのがつらかったですけど、本来のサスペンス的なストーリーに戻ったのでようやくハーメルン事件の真相に向かって動き出した気がしました。

先週 第5話で驚きの事実が判明しましたね。

まさか高野亜紀(菅野美穂さん)の夫、健一(田中直樹さん)と隣人 佐々木弓子(松嶋菜々子さん)が知り合いだった、それもワケありの!

”弓子”と呼びすてで呼ぶ健一と、”お久しぶりね”と微笑む弓子には かなり衝撃を受けてしまいました!

なに?もしかして 付き合ってたの?

弓子が亜紀にしていた 嫌がらせは全部 健一を取り戻すため?それとも健一に復讐をするため?

一体 いつから罠を仕掛けてたのよ!もしかして、引っ越して来た時にはすでに計算していたの?

いやいや、同じマンションに偶然引っ越すはずはない、これは引越し前から高野家が引っ越すのを知ってたから こんな巧妙な罠が仕組めたはず!

そうだとしたら、なんて恐ろしい女、怖い、ホンマに怖いわ。

ここにきて、弓子の本性がムクムクでてきて弓子の深い闇が現れたな。

第6話では 弓子が健一にも ジワジワ罠を仕掛け、さらに亜紀を突き落とす計画を実行して…

さらに健一と弓子には二人だけの秘密、とやらがあるようでこの秘密のために健一は苦悩しているようで…

今回は高野家が一つになって弓子と戦っていく感動ラストかと思いきや!

弓子と健一の秘密の関係は一体なんでしょうか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

和樹がハーメルン事件の犯人と疑われ、警察に事情聴取されて以来、亜紀と和樹の間には、溝ができたまま。家族と会話もせず、学校も休むという和樹を心配し、亜紀は健一に担任教師との面談に一緒に来て欲しいと頼む。しかし、健一は前夜に会った弓子のことが頭から離れず、心ここにあらず。しかも、健一のシャツには口紅のような赤いシミが…亜紀はまさかと思いながらも、浮気を疑う。 しかしその相手が弓子だとは、まったく思いもしていない。
そんな中、亜紀は弓子に夕食に誘われる。食事に誘われた相手が弓子とは知らず、健一は動揺を隠せない。実は健一と弓子の間には、過去に関係があったのだ。
さらにそこへ、新たな客が訪れる―。それは弓子が招いた生方だった!亜紀が生方を自宅に呼んでいたなどと、あおるように話す弓子。健一は、まんまと亜紀と生方の仲を疑い、気まずい雰囲気に…。
その後、亜紀は生方から、今までの不可解な出来事はすべて弓子が仕組んだ罠の可能性があると聞かされる。にわかには信じられない亜紀だが、弓子と健一のただならぬ様子を見てしまい…
弓子が自分に近づいたのは、健一を奪うため!?苛立ちを抑えきれなくなった亜紀は、弓子からプレゼントされたプリザーブドフラワーを投げ捨てる。すると、そこから盗聴用の小型マイクが……!

一方、ハーメルン事件の捜査を進める刑事・荒又は、捜査線上に浮かんできた弓子のもとを訪ねる。「なぜあのタワーマンションに現れた?一体、何が目的?」笑顔を湛える弓子。弓子の目的は、高野家の崩壊ではないのか?やはりハーメルン事件の犯人は、弓子…!?
次々と明らかになる隣人の完璧な策略!高野家を崩壊させようとする隣人の真の目的とは…バラバラになりかけた家族の絆を、亜紀は母として守ることができるのか!?

番組公式サイトより引用

弓子の罠、グロすぎる

健一の前に現れた弓子は”お久しぶりね”と微笑むが、健一は弓子の姿に動揺する。

息子の和樹(佐野勇斗さん)の件で担任に会ってほしいと亜紀に頼まれても健一の頭の中は弓子の事でいっぱいで亜紀の声は耳に入らない。

そんなに動揺する事なのかなぁ、息子の方が大事じゃないの?警察にまで疑われてるし、虐待の盗撮の事は何もわかってないのに。

よほど弓子との間に何かあったのか?弓子が殺人したという事と関連があるのか、疑惑は深まるばかりよ。

それに驚き!弓子はクラブのママになってるやん、フラワーアレンジメント教室だけじゃなかったんや、どうなってるのよ!

そして後日、弓子は亜紀の家族を食事会に誘ったら、そこに体操コーチ 生方航平(岩田剛典 EXILE 三代目JSB)も来た。

亜紀の家で生方と会ったと弓子に言われ健一は亜紀と生方の仲を疑ってしまい、その場は気まずい雰囲気になってしまう。

その生方から今までの亜紀に起こった嫌がらせは全て弓子が仕組んだものではないかと言われた亜紀は弓子と健一の妖しい現場を目撃し、弓子が家庭を壊すつもりなのだと感じた。

うーん、誰が見ても二人の仲は妖しく見えますよ、確かに。

でも健一に近づいて ワイシャツに口紅をつけるのも、わざと亜紀に見せつけてる弓子の計算に違いない。だって、そんな簡単に弓子が失敗をするはずがないもの。

夫に対する疑惑がつのる亜紀は苛立ちから弓子からもらったプリザードフラワーを投げつける。と 中から盗撮カメラが出てきた。

ますます弓子の罠だと確信した亜紀は弓子に盗聴していた事を訴えると、今まであった事は私の仕業だと白状した。

思わず弓子に平手打ちをする亜紀!

そりゃ 引っ叩くよ、何なら両方引っ叩いてもいいくらいだわ。

それくらい弓子のした事は メチャメチャひどい事だもんね、亜紀に賛成するね、私は!

一方 刑事の荒又(光石 研さん)は弓子が現れた事に不吉な予感がし、弓子に何でタワーマンションに現れたのか、あの家族を引っかき回してどうする、本当の目的は何だ?と問いただす。

しかし、弓子は不敵な笑いをして荒又の問いには答えなかった。

しかし弓子のする事はえげつないわー。

家族は壊れる時には壊れるものだと冷たく言うのもグロい、グロすぎる!

健一と過去に付き合っていたことなど、場面場面でチラチラ匂わせる事を言ったりと念には念を入れすぎちがうか?

弓子の過去がスゴイ気になる、クラブのママとか、殺人とか謎が多すぎやろ。

どこまで亜紀を追い詰めたら気がすむのか、もうやめてあげてほしい!

弓子と健一の秘密ってなに?

健一が改心して家族第一になった紅葉狩りは感想しましたね。

亜紀と健一を待っていたそらちゃんの能天気さが可愛すぎる!

そして今回登場の少なかった和樹はやはり何か犯罪をしているようでしたね。

なんかいい感じで和樹の問題に立ち向かおうとした亜紀と健一ですが、ラストはまた衝撃的でした!

和樹の学校へ面談に行くために待ち合わせをしていた亜紀と健一ですが、信号を渡れば亜紀がいるというところで健一は弓子について行ってしまいました。

亜紀に

仕事が入った

とメールして喫茶店に入って弓子はいきなり健一にキスしました。

それを見ていた亜紀は信じられないといった感じでした。

 

しかも紅葉狩りのときの

「もう弓子とは絶対に2人きりで会わない」

というセリフは弓子の指示だったようです。

 

紅葉狩りの時にバーで待っていた弓子に電話した健一は、その後に亜紀とそらを探しに戻ったので

「もう弓子とは会わない、俺に付きまとうな!」

的なことを言ったのかと思ったら

どうやら全く違うことを話していたんだと気づきました。

やばい!すごく面白い!!

 

そして弓子と健一が待ち合わせしていたバーに置いていた手袋は一体誰のものでどういうことなんでしょう?

弓子の回想シーン

血だらけの浴槽

廊下に引きずった血の跡

血の付いた手袋

弓子が航平に渡した健一の秘密が書かれた封筒

 

今のところの予想としては弓子の過去の殺人事件に健一も関わっていた?

もしかして健一は共犯者?

でも健一は捕まっていないので弓子は健一をかばった?

だから健一は弓子の言いなりになっているの?

 

刑事はクラブのママをしている弓子に

「あの家庭を壊すのが目的か?本当の目的はなんだ?」

と問い詰めていました。

刑事も健一の事を知っているのでしょうか?

スポンサーリンク

第6話の感想まとめ

ヤバい!謎だらけで前半のしょうもないママ友いじりがウソのように面白くなってきましたよね!?

次回第7話では亜紀が例の封筒を見てしまうようです。

「何この写真?」

と封筒を奪い取る亜紀。一体何が映っているんでしょうか?

 

というかあのシーン航平と健一がいましたよね。

航平が健一に封筒の中身について確認していたのでしょうか?

大事な人が幸せならそれでいい

と言った航平は亜紀が幸せでない状況になりそうな健一の過去を暴こうとするのでしょうか?

今回は感動で終わるのかと思ったら全く違った展開で終わってしまいました!

健一と弓子の間には子供がいたような雰囲気で、子供用の手袋?靴下?を弓子が健一に見せたり、あと衝撃的な血だらけの部屋のシーン、これは子供を殺してるってことですよね?

また、弓子が生方に これはあの夫婦の秘密で これをみたら家族は崩壊する、と渡した封筒の中身は一体何でしょうか?

きっと写真だとは思うけど、弓子と健一と子供の写真か?

それなら 崩壊 決定的ですもん、きっとそうだ!

健一は過去に弓子との間に子供がいたこととか、その子が死んでいる事とかは言ってないみたいですよね。

確かに言いにくい過去ですね、確かに二人だけの秘密に間違いない。

ただ、ここで問題なのは子供を殺した事で、刑事罰を受けていないという事。

世間的にはその子供は失踪したままの状態になっていて、弓子も健一も子供が失踪して行方不明の両親って事になってる、と予想するのだけど。

それを荒又は追っていたけど、確実な証拠がなくて捕まえられなかったとか?

はじめはハーメルン事件の犯人か?なんて思ったけど、また違った事件が隠されていたなんて このご時世だからあり得る事で ほんと想像してゾッとしました。

ハーメルン事件と違う弓子の事件の真相が明らかになりそうな第七話、絶対 見るべきですね。

早く続きが見たい!気になる!!

スポンサーリンク

「砂の塔」第6話の視聴率はこちらです!

 - テレビ