水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

IQ246華麗なる事件簿 第5話 感想 後味の悪さが相棒っぽい!ガッキー、チョコザイ、ロン毛

   

11月13日放送のドラマ「華麗なる事件簿」第5話の感想を書いて行きたいと思います。

img_0251

今回のゲスト出演者は「相棒」で甲斐亨(ダークナイト)を演じていた成宮寛貴さんですね。

先週の予告を見たときから「相棒」パロディがどのように入って来るかを楽しみにみてました。

甲斐の彼女・悦子役だった真飛聖さんも出演してますからどう絡んでいくのか!?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

先代の執事・賢丈(寺島進)に頼まれ、とあるアートギャラリーのプレオープニングパーティーにおもむいた沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)、賢正(ディーン・フジオカ)はセレモニーの演出を担当する新進気鋭のアーティスト・千代能光一(成宮寛貴)と出会う。

千代能は学生時代からの腐れ縁だという番田(矢本悠馬)と共に『バナナ&チョコ』という名のアートユニットを結成。二人の才能を融合し最先端技術などを取り込んだ斬新なアートは巷で人気を博し、オリンピックの開会式の演出候補にも名前が挙がるほど目覚しい活躍を見せていた。

 

会場では、ヘッドセットを付けた招待客が『バナナ&チョコ』が手掛けた最新テクノロジーのAR(=拡張現実)を体感していた。空中に手を伸ばし何かを掴もうとしたり、バランスを失って転んだりと大盛況の中、華やかにオープニングセレモニーが始まり、千代能が挨拶のスピーチを行う。

招待客から歓声が上がる中、ヘッドセットを付けた番田が会場の上層に登場するのだが、番田は踊るような不可解な動作を見せた後、足場から落ち、沙羅駆ら招待客の前で転落死する。

大切な相棒である番田の予期せぬ転落死に打ちひしがれる千代能。現場検証に立ち会った沙羅駆は番田の転落死事件に興味を抱き、千代能の事務所を訪ねるが……。

番組公式サイトより引用

今回も小ネタがいっぱい

番田のお菓子箱のお菓子の名前「チョコザイ」はSMAPの中居正広さん主演のドラマ

ATARU」ネタですね。

 

山田(宮尾俊太郎)を「杉下さん」と呼ぶ沙羅駆。

成宮さんに何度も「相棒」と言わせる鬼畜織田さん。アドリブ?

奏子が顔に手を当てて古畑ポーズ。

壁に点を三つ書いて、力説する沙羅駆が使っていたマジックは

ガッキー!

指向性のあるスピーカー・パラメトリックスピーカーのメーカー名が”BOSE”ボーズじゃなくて

RONGE ロン毛!

賢正のスマホに映ったオリンピック演出担当者は

北野武!

などなど盛りだくさんでした。

他にもあったかもしれませんね。

毎回小ネタを探すのを楽しみに見ている方も多いでしょう。

次回も楽しみです!

スポンサーリンク

置いてきぼり賢正

今回は新たな展開として沙羅駆が賢正を置いて現場へ行くシーンがありましたね。

これまでは奏子をデザートかなにかで眠らせて、賢正と2人で出かけるのがお決まりでしたが、

「1人でお出かけになりました。」

という賢正に

「賢正さん、もしかして拗ねてます?」

と聞く奏子に、賢正がすねて顔プクしていたのがかわいかったですね。

そして、これまでになかったのが、奏子がやたらと賢正に抱き付いていました。

これにはディーンファンの苛立ちの声が聞こえてきそうで怖いです。

第5話感想まとめ

番田が外国人アーティストのアランと組んで海外進出するため、自分が捨てられると思った千代能によって引き起こされた今回の殺人事件。

ラストでは沙羅駆によって見せられた番田のポケットに入っていた破かれたアランの名刺を見て、番田には「チョコ&バナナ」を解散する気は無かったことが明らかになりました。

つまり、殺害する動機が間違っていたことになりますね。

この後味の悪さも相棒パロなのでしょうか。

 

沙羅駆は千代能のトリックはよかったと言いますが、

「”13”に教えられた」

と千代能が言った途端、顔色が激変し

「醜い、醜い、醜い、この犯罪、醜悪至極なり」

と決め台詞を言いました。

このトリック、「ガリレオ」にもありましたよね?

 

そして、ついに沙羅駆にも”13”からメールが届き、非通知で電話がかかってきます。

女性の声でシルエットは監察医の森本朋美(中谷美紀)のようでしたが、そのまま森本がマリアTなのでしょうか?

やたらと

”13”=女

アピールがあるので、実は女装している男とか?考えすぎでしょうか?

第6話もたのしみですね!!

スポンサーリンク

「華麗なる事件簿」第5話の視聴率はこちらの視聴率まとめへどうぞ!

 - テレビ