水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

地味にスゴイ校閲ガール河野悦子第6話の感想まとめ!

   

11月9日放送の水曜10時ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第六話の感想を書いていきます。

image
河野悦子(石原さとみさん)を好きだとファッション編集部、森尾登代子(本田 翼さん)に言った大学生で作家の折原幸人(菅田将暉さん)。

幸人とおしゃべりしてる時、ペロッと好きだと言ってしまった悦子と これでお互いの気持ちは はっきりわかりましたね。

ところが、森尾と幸人が同居をしていることがバレてしまって、悦子は驚きを隠せないでいた。

悦子は幸人の感覚を理解するために幸人の尾行を開始するが、今どき感覚の幸人を理解できるのでしょうか?

また校閲の仕事では子供向け新雑誌に掲載される作家の作品を任される。

ところがこの雑誌をめぐって文芸編集部の貝塚八郎(青木崇高さん)と衝突してしまう。

今まで ことごとく衝突してきた貝塚と 第六話では上手くいくのでしょうか?

今回はこの二つについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

今どき感覚、幸人!理解できる?

森尾と同居しているのが悦子にバレた!

驚く悦子に幸人何も言い訳もなく、森尾が事情を説明するのだが、悦子は好きでもない相手と同居できる幸人が理解できない。

幸人を理解するべく悦子は幸人の尾行を開始して行動を見ていくと、何とも不思議な行動をしていた。

高齢者とゲートボール、はたまたカラオケ大会、そして公園で腕相撲など。謎の行動に悦子は悩むばかりです。

一方 ファッション誌”LASSY”の男性専属モデルの投票で幸人が第一位になり、専属モデルとなったが、幸人はまだ知らないでいた。

それよりも作家としてスランプに陥っていた幸人は悦子の仕事ぶり、貝塚の作家を想う熱意に感動し胸を熱くする。

そして、謎の行動は色々な事をする中で自分スイッチを見つけるためにしていた事、でも見つからない事を貝塚に打ち明けるのだった。

色んな事をしてたの、スランプを抜け出すきっかけを探してたのか、納得。

単に意味もなく不思議な行動をしてたのなら変な子ですもん。

まして、幸人は”犬っぽいですね”とか 題名からして不思議な本を書く人ですから、不思議な行動は当たり前。

幸人を演じる菅田将暉さんが、今どき男子だから 最近の男子はこんなんか?とか思ってしまいますよね。

しかし、自分の好きな人が誰かと同居してたら 絶対 理解できないわ!

感情がないとか言っても そこは男と女、何かのきっかけがあれば同居→同棲にならないか?

いくら草食系男子とはいえ、やっぱり私には無理、絶対 無理!

悦子みたいに尾行まではしないけど、同居解消する方向にしむけるね、私なら。

一人暮らしなら じゃあ 私の所においで!と強引にすると思いますよ。

悦子ならそうするかとも思ったけど、そこは悦子は乙女なんですね。

仕事はバリバリできるけど女子力は高いし、恋愛は乙女って何とも可愛い。

普通 女子なら恋愛したら、仕事にも支障がでる人 多いですよ、恋愛に重点を置くから。

でも悦子は仕事も全力投球、恋愛も全力投球してるみたいな感じがするから 理想的かも。

きっと、このギャップに幸人はやられたのか?

幸人みたいに今どき男子には全てに全力投球する悦子がピッタリです。

スポンサーリンク

悦子VS貝塚!またまたバトル

なにかとぶつかり合う二人。

第六話では、悦子は子供向け雑誌の連載で作家の作品を校閲するが、難解な言葉が出てきて子供には向いていないと貝塚に意見をするとやはり貝塚は同意はしなかった。

しかしその作家は作風を直す気がないと子供向け雑誌の連載を取りやめた。

同じ頃、貝塚は以前に担当をしていた桐谷という作家と出会ったが、桐谷は貝塚を憎んでいた。

どうやら桐谷を売り出すために、あれやこれやと注文をつけた事で 桐谷は嫌気がさし貝塚の元を離れていたようだった。

でも作家活動は続けていたらしく、いくつかの作品を貝塚にみてもらうと、その中に子供向けの作品があり とてもいい作品だと貝塚は辞めた作家の連載の穴を埋めるため、必死に部長に頼みこむ。

締め切り前でOKが出た貝塚は悦子に校閲を頼み込み、校閲部員達に協力してもらって必死に間に合わすのだった。

第六話の貝塚さん、熱い!熱い男や!

どちらかというと、売れるための編集をしてきた人という印象だったけど、実は悦子とバトルする中で 作家さんに対して熱い想いを持っているのが今回 よくわかった。

部長に桐谷の作品を載せてもらうように頼み込む場面。

悦子に頭を下げてでも桐谷の校閲を頼む場面。

最後まで桐谷の作風を変えないように、校閲部に頼む場面。

最後に幸人がスランプに陥ってる事を打ち明けられて”作家と編集は二人三脚だ!”と抱きしめる場面、と今回の貝塚は熱い男 全開でしたよ。

演じている青木崇高さんが体育会系っぽいもの、この役ピッタリ!

これも悦子の仕事に対する想いに感化されてかな?

イヤイヤ、元々 熱い男だったけど 仕事に流されてしまってたのを悦子を見て昔の自分を思い出した、っていう感じじゃないですか?

悦子と貝塚、この二人 お互い 仕事に対する想いは同じだから何かとぶつかり合うんですね。

って、こんなに言い合える仲間がいるっていいなぁ、と感じた第六話でした。

第6話の感想まとめ

第六話は、一人の作家さんの為に編集者と校閲部が必死に仕事をするところが すごく見ていて感動しました。

みんなが一つになって一つの作品を仕上げるなんてホント感動!

誰一人と 水を差すような事も言わないし、こんなに協力し合えるなんてスゴイ。

一晩で仕上げる姿はやはりプロです。

その中で、校閲部員 藤岩りおん(江口のりこさん)の仕事っぷりにはまいった。

男前、としか言いようがない。

結婚していた事にも驚いたけど、仕事なら結婚記念日も取りやめて その場を仕切ってサクサク仕事をするの、グッときた!

他の部員も幸人も手伝ってくれて、こんなにしてくれたら作家さんも有難いよね。

校閲部、ホントに地味にスゴイ!

それから、幸人と悦子 いい感じに進んでますね。

予告では初回で登場した大作家、本郷先生(鹿賀丈史さん)再登場!

ん?幸人は本郷先生の息子?だとしたら、この親子、確執がある雰囲気ですね。

第七話では、二人の関係もわかってくるんでしょうか?楽しみに見ていきたいですね。

スポンサーリンク

「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」第6話の視聴率はこちらのドラマ視聴率まとめへどうぞ!

 - テレビ