水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

地味にスゴイ校閲ガール 第5話 感想 三角関係!森尾は幸人を好きになる?

      2016/11/03

11月2日放送のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第5話の感想を書いて行きたいと思います。

image

ポジティブでオシャレ大好き、河野悦子(石原さとみさん)は型破りな校閲で次々と苦難を乗り越えていきます。

第4話では意中の男性、折原幸人(菅田将暉さん)とデートしたりとなかなかいいムードでしたね。

悦子の明るい前向きな姿勢が、幸人には好感がもてるみたいですよ。

そんな二人の間を悦子の後輩、森尾登代子(本田 翼さん)はよく思ってないみたいで自身のプライベートで不倫相手との間がうまくいってないのもあって、幸人とキスしてしまいます。

その森尾が第5話では仕事で大ピンチになってしまいます!

人気スタイリスト登紀子(川原亜矢子さん)からセンスがないと言われてしまい…

果たして悦子は森尾のピンチを救えるのでしょうか?

それから悦子が来てからの校閲部は だんだん明るい部署になってきたような気がしませんか?

そんな校閲部と、部員についても書いていきたいと思います。

中盤に差し掛かり悦子と幸人と森尾の三角関係はどうなるのか?

毎回毎回なにかを起こす悦子ってかなりの問題児?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

悦子(石原さとみ)は、イタリア在住の人気スタイリスト・フロイライン登紀子がイタリアで出版したエッセイの校閲を任される。登紀子がかつて『Lassy』で書いていたファッションエッセイの大ファンだった悦子は、大張り切り。ただし、今回の校閲は翻訳後の文字校正をするだけだった。

一方、『Lassy』では、男性専属モデルを決める読者投票を行うことに。ちょうど帰国予定の登紀子が投票ページに掲載するモデル候補のスタイリングを担当する。登紀子から幸人(菅田将暉)の撮影コンセプトを指示された森尾(本田翼)は、イメージに合った撮影用小道具を集めるため、街を探し回る。

一方、悦子は、あらゆる手段を駆使して登紀子のエッセイの内容を確認する作業を始める。

そんな中、登紀子が『Lassy』編集部を訪れる。登紀子は、森尾が用意した撮影用小道具を見て、センスがないと一蹴。森尾が苦労して集めたのを知っていた悦子は、登紀子の態度に黙っていられなくなり…。

番組公式サイトより引用

森尾ピンチ!悦子はどう解決する?

今度の悦子の校閲は人気スタイリスト、登紀子のエッセーですが、文字校正だけでよいということでした。

以前から登紀子のファンだった悦子は張り切って仕事をする。

一方 編集部では男性専属モデルを決める読者投票をすることなり、森尾は幸人のスタイリングをすることになっていた。

そんな中 帰国した登紀子がモデルを見たいと言い出し森尾はイメージに合う使用する小道具を急いでそろえる事になってしまいました。

次の日、小道具を見た登紀子は森尾に”センスがない”と一喝する。

それを知った悦子は森尾の苦労を知っていたから思わず登紀子に意見を言ってしまい、後悔をしてしまいます。

それでも悦子は今 出来ることをする、無駄なものはないと登紀子の校閲をする為にイタリア人に事実確認を聞いたりして努力します。

森尾も悦子に勇気づけられ、昔の登紀子の様にパッチワークをして小道具を用意したところ、撮影に使われ登紀子や編集長から褒められたのでした。

スタイリスト役の川原亜矢子さん、はじめは 鼻持ちならない奴!と思ってしまいましたよ。

夜中でも構わず モデルを呼びつけ そのくせ サッサと打ち合わせが終わればハイ、終了!

何様なの? 自分が一番エラいと思ってるわけ?

編集部に来た時、上下 白のファッションで思わず

ノンスタの石田か!

とツッコミを入れたくなってしまったわ。

ただ、やはりモデルですね、スタイルがいい。

ノンスタ石田だとしても、着こなし感は否めない。

でも、だんだん悦子の仕事ぶりを見て 昔の自分を思い出したのか、認めていくところは

いいとこ、あるやん。

極め付け最後の場面で”校閲”のTシャツをきてるとこ、メチャメチャ校閲部を気に入ってるのと違うの?

っていうくらい態度が変わって やっぱりどんな仕事にも無駄はないんだ、と思わせてくれて心がホッコリした今回のお話でしたね。

それに、直接 悦子が助けてくれたわけではなく、悦子の仕事に対する姿勢が森尾と登紀子に響くものがあったんだから、めでたし めでたし、一件落着 だと思いませんか?

スポンサーリンク

無駄なことばかり?校閲部の仕事

人気スタイリスト、登紀子のエッセーの校正を任され 張り切る悦子は 幸人から男性専属モデルのスタイリングを登紀子がする事を聞き
登紀子が編集部に来た時に観にいきます。

しかし、森尾に一喝して出ていく登紀子に意見をしてしまい、思わぬ事で存在を知られてしまうことになりました。

”仕事に無駄なことはないのだ”と昔に登紀子が言ってた事を悦子は雑誌を通して知っているだけに、登紀子の態度が許せなかったのです。

でも悦子もポリシーは登紀子と同じ、無駄なことはないと信念を持っているので 登紀子のエッセーの事実確認を精一杯するのでした。

後日、登紀子は編集部に来た時に校閲部に寄ることにしました。

そこには、各部員達がそれぞれの校閲での事実確認をしているところでした。

その仕事ぶりを見て、また部長の葦原(岸谷五朗さん)に”校閲の仕事は正解で当たり前の仕事だから無駄なことはないのです”と聞き 無駄なことばかりと言いながらも満足そうに帰っていきました。

回を重ねる毎に 部員の個性が垣間見えて 個性的な面々にワクワクしてしまいます。

藤岩りおん(江口のりこさん)は第三話でも出て来た様にロリータ系ファッションに身をつつみ、第四話では ほんのりお化粧をしてましたね。

米岡光男(和田正人さん)は営業部の正宗信喜(杉野遥亮さん)をなぜか気になっている様子。

正宗も米岡に必ず声を掛けますしね。

どうやら正宗はプロレス好きの様で、正宗にプロレス観戦を誘ったりしていました。

それに食いついたのが青木祥平(松川尚瑠輝さん)、彼も無類のプロレスファンのようですよ。

何よりも部長の葦原はメチャメチャ個性的。

毎回 発言がお笑い?っていうくらい面白い!

何なら もうちょっと校閲部の場面を増やしてもらってもかまわないくらい、大好き!

事実確認をする場面なんか、みんながそれぞれ黙々と仕事に取り組んでいる、その姿がマニアックで 好きだわ。

まだまだ 部員達の隠れた趣味とかが出てきそうなので、見逃せませんよ。

三角関係はどうなるか?

登紀子に認められた悦子は森尾と飲み会のやり直しをしようとセシルと森尾のマンションを訪ねますが、留守のようです。

そこへ幸人と森尾が買い出しから帰ってきました!

幸人と出会った悦子は一瞬喜びますが、

「え??」

完全に頭にはてなマークが浮かんでましたね。

 

森尾のマンションに幸人がいる?

 

しかも2人で夕食の買い出し?

 

Why??

 

森尾は下を向き、声に出さずに

「無理無理」

とつぶやいていました(笑)

これって結構修羅場じゃないですか?

ここで3人の関係をおさらいしたいと思います。

悦子は幸人をラブ

幸人も悦子をラブ

森尾は不倫中ですが、うまくいかずじょじょに幸人にいくのか?

という感じですね。

幸人は森尾に悦子が好きなことを言ってますし、間借りしていることを伝えようとしてましたけど、まだ悦子には言ってませんでした。

さあこれは面白くなってきましたよ!

まとめ

幸人との場面で、悦子が思わず”好きな相手”と幸人に言ったり、幸人が森尾にハッキリと悦子が好きだ、と言って二人の気持ちがこれでハッキリとしましたね。

森尾も幸人を好きなのかと思ったのですが そうでもないとわかったし、あとは付き合うまで時間の問題か?というとこでしょうか。

ところが、最後で森尾と幸人が一緒に暮らしていることが わかってしまって 一体どうなることやら…

たぶん 悦子はポジティブ志向、なんてことないと前向きに考えるでしょうね。

私は それより森尾の不倫相手の方が気になりますよ。

この先、森尾の不倫相手は登場するのかどうか?案外、身近な相手だったりするのとちがうかな?

今までで思い当たる相手は出ていないので、これから影がチラチラするのかもしれませんね。

いやいや、もう出てる?葦原部長とか?

それくらいしか思い当たりません、残念ながら…

個人的に森尾の不倫相手に注意して これから見ていきたいですね。

次回第6話で進展がありそうですが、どう転ぶのか!?

来週が楽しみですね!!

スポンサーリンク

「校閲ガール河野悦子」第5話の視聴率やその他ドラマ視聴率まとめはこちらです!

 - テレビ