水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

校閲ガール河野悦子 第4話 感想 幸人(菅田将暉)と森尾(本田翼)がキスしちゃった!

   

10月26日放送の水曜10時ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第4話の感想を書いて行きたいと思います。

憧れの出版社「景凡社」の校閲部に配属された河野悦子(石原さとみさん)の失敗にもめげず、前に進んでいくドラマです。

今までの校閲部ではあり得ない型破りな校閲をしていく姿が見ていると元気がでてきますね。

それに悦子のファッションにも注目が集まっています。

スカーフや小物の使い方、流行のワイドパンツなんかも履きこなし見習いたいとこばかりですね。

第4話では、校閲部員 藤岩りおん(江口のりこさん)や、米岡光男(和田正人さん)の以外な一面が垣間見れたり。

だんだん 悦子に刺激され影響を受けている様子ですね。

そんな悦子が、第4話でも人気女優の自叙伝を校閲することになった。

ところが隠し子騒動で自叙伝出版中止の危機に陥る。

そこで悦子がとった行動は…

一方、悦子の意中の相手、折原幸人(菅田将暉さん)と デートすることになった悦子。

菅田将暉さん演じる折原幸人もなかなかのオシャレさんで、今までのお話でも奇抜なデザインのファッションをしています。

毎回 あまり出番はないですが、存在感はしっかりありますよね。

なので、隠し子騒動で人気女優の為に悦子がとった行動と、菅田将暉さんのファッションとナイーブな演技について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

またまた やらかした?悦子の大胆行動

校閲の仕事に慣れてきた悦子の今度の仕事は人気女優、杉本あすか(南沢奈央さん)の自叙伝を校閲することです。

自叙伝なので悦子はあすかの故郷を訪ね内容が正確に書かれているのかを確かめる。

その時 あすかを追っているゴシップ記者、山ノ内に出会った。

その後、あすかに隠し子がいるというゴシップ記事が出てしまった。

その記事を書いたのは山ノ内だったが、その記事のせいであすかの自叙伝出版は中止に追い込まれてしまう。

あすかはゴシップ記事の弁明をするために記者会見を開く事になってしまいました。

とんでもない事になったと、思わず記者会見場に急ぐ悦子は そこで記者会見を開く原因になった山ノ内と口論になってしまう。

そして会見が始まるが、山ノ内の容赦ない攻撃にあすかは倒れてしまった。

テレビ局に入り込んだ悦子は倒れたあすかに同情して山ノ内を 最低だと攻めるが山ノ内は反論もせずにその場を立ち去る。

倒れたあすかには世論が同情して味方になっていくような感じがあった…

テレビ局に乗り込んだから、てっきり会見を壊してしまうのかと思いきや!

倒れたあすかに駆け寄るだけだったので とりあえずホッとしましたよ。

ゴシップ記者にももっと激しくぶつかるかと思ったけど、最低と言ったくらいだったのでちょっと肩すかしだったかも?

それにしても 何でもかんでも記事にするゴシップ記者の存在、怖いもんだ!

きっとある事ない事 書かれてしまうのだろうな。

そして世間はそれを簡単に信じてしまう、と。

この一年、芸能人の記者会見 色々ありましたが なんだかそれらを思い出させるような設定でしたね。

今どきは変に隠すよりも、ぶっちゃけて全部話す方が好感が持てる傾向だから

このドラマでも隠し子がいる事をぶっちゃけていました。

確かに 厳しい目にさらされて それに耐えながら答える姿には同情しますもん。

最近では記者会見の仕方を指導してくれるコーディネーターがいるらしいですね。

何でも商売になるもんだと変に感心してしまいましたよ。

とにかく、第4話では 悦子の大胆行動は テレビ局まで、だったということでしたね。

スポンサーリンク

オシャレな菅田将暉さんから目が離せない

作家でもある菅田将暉さん演じる折原幸人は最近 作家活動にスランプ気味になっていた。

それにファッション誌「Lassy」の専属モデルになる為に作家であることを公表する話にも乗り気ではなかった。

悦子とのデートでは とうとう「悦子さん」から「えっちゃん」と呼ぶまで仲良くなるし、悦子がする事、いう事には感心するのだった。

また、悦子があすかの記者会見場で、あすかが倒れたのをかばったのが画面に出た時にも「すげー」と感心。

悦子のアパート下のおでん屋では、「覆面作家でモデルは文武両道でスゴい」と言われ力が抜けたのか編集者、森尾登代子(本田 翼さん)に作家をしている事を公表すると言う。

喜ぶ森尾だったが、その決意をさせたのが悦子であるとわかると表情が一変し、いきなり幸人にキスをしてしまう…

菅田将暉さん、最後にキスしてしまいましたね。

それも悦子ではなく、森尾の方と。

まぁ、森尾の方からのキスだったから自分からではない、ということで許してあげましょう。

それにしても、草食系男子 とてもよく似合うと思いませんか?

ギトギト感もないし、適度に力も抜けているしで菅田将暉さんってこんな役させると上手いですよ。

CMでも映画でもバンバン出てるのに、役に応じて成り切るとこなんか まさにカメレオン俳優だと思いますね。

第4話では だんだん悦子に興味が出てきている感もしっかり伝わっていたと思います。

普段の顔と悦子と一緒にいる時の顔は全く違いますね。

悦子と一緒にいる時は 楽しそうな顔してますもん、等身大の大学生っぽいし

そりゃ人気でるわ。

そして ファッションがオシャレ。

悦子とおでん屋デートの時は黒と赤のタートルセーター。

編集部に来た時にはサテンのラグラン袖のボーダー。

最後は柄シャツと、なかなか着こなすのが難しいものばかりですよ。

下手したらダサく見えるし。やっぱり菅田将暉さんだからオシャレに見えるの?

どうやら菅田さんは私服のファッションもミシンで手作りしてるようです。

かなり、大胆なデザインの物とか手作りして着ているみたい。

だからかなぁ、自分のものにしてますよね。

菅田さんのファッションは真似するのが難しいとは思うけど、着こなしとかはチェックしてみてもいい気がします。

第4話の感想まとめ

幸人が悦子に好意を持ってきているのをなんとなく感じている森尾が、幸人にキスをして終わりになってしまいました。

森尾は電話の様子では、妻子がある男性と付き合っていて 余りうまくいってないような感じです。

それに、幸人に作家を公表する事を説得出来ないのが、悦子には簡単に作家公表させる事ができるのに嫉妬しているみたいです。

おまけに編集部では、余り必要とされていない事を言われたり森尾にとったら踏んだり蹴ったりの状況に違いありません。

そんな中、先輩である悦子のポジティブさが妬みだったり、嫉妬だったりするのでは?

これから何らかの邪魔をするかもしれませんよ。

へこたれない悦子と森尾が編集部と校閲部、チェンジする可能性もあるかも!

そしてやっぱり校閲部のメンバーにも徐々に変化が出てきていますね。

まず藤岩りおんが軽くお化粧してました。

会話がなく、黙々と仕事をしていたのが時々会話があったり 仕事の合間に記者会見をこそっと見ていたり。

校閲部のイメージもそのうちに変わっていくんでしょうね。

少ない場面だけど校閲部員の会話の掛け合い、ちょっと面白い。

もっと校閲部員をたくさん出してほしいと個人的には思っています。

第5話での、森尾の言動と校閲部員のちょっとした変化、注目していきたいです!

スポンサーリンク

気になる校閲ガール河野悦子第4話の視聴率はこちらのまとめからどうぞ!

 - テレビ