水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

IQ246 華麗なる事件簿 第2話 感想まとめ!パクリ?オマージュ?小ネタがいっぱい

   

10月23日放送のドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」第2話の感想を書いて行きたいと思います。

第1話では事件を裏で操る存在の

”13”またの名を”M”という謎の人物が登場しましたね。

この人物のヒントが今回少しでも明らかになるのか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

若者を中心に流行中の漫画「キルリスト」を真似した連続自殺事件が発生する。
キルリストとは、法では裁けない悪人の名前をそのリストに書くと、悪魔が悪人を自殺に追い込むといった内容で、実際、過去に悪事をしたとおぼしき人たちが裁きを受けており、「殺しのリスト」が実在するのではないかとネットやワイドショーで話題になっていた。
その噂を知った沙羅駆(織田裕二)は、「悪魔が自殺に追いやったわけではない。れっきとした殺人だ」と言い放つ。
写真 ちょうどその頃、都内で起きた3件のキルリスト事件の被害者は、過去に子供を虐待死させた容疑者という共通点が浮上。警察は被害状況から自殺だと判断するが、三人の死に興味を抱いた沙羅駆は、刑事の奏子(土屋太鳳)が引き止めるのも聞かず、執事の賢正(ディーン・フジオカ)と共に捜査に足を踏み入れる。

独自にキルリスト事件を追い始めた沙羅駆は、死んだ三人の共通点からある人物へとたどりつく。その人物は、塾講師の前川公平(佐藤隆太)。塾生から「前川っち」とニックネームを付けられるほど気さくな人柄の前川だが、実は、十年前に幼い妹を殺害された過去があり……。

番組公式サイトより引用

前川にメールを送った13はやはり森本?

第1話の感想に書いていたんですが、一連の事件を裏で指示している”M”という人物は法医学専門医 監察医・森本朋美(中谷美紀)ではないかと予想しています。

今回の第2話で前川にメールを送ったシーンに映っていた手の爪にはマニキュアが塗られているようでした。

そしてメールの文面は、女性っぽい感じでしたね。

ラストに前川に

「完全犯罪をつづけますか?」

とのメールを送り、前川からの返信

「罪は償うよ」

というメールを受け取った”13”はストッキングとヒールを履いてたので女性であることは間違いなさそうです。

ところで、この状況で「完全犯罪を続ける」とはどういう意味だったのでしょうか?

前川の目的は妹を死に追いやった犯人を始末することだったはずですが、まだなにかを前川にさせるつもりだったのでしょうか?

まだ”13”、”M”の目的はわからないですね。

前川の罪を償う方法は自首?自殺?

スポンサーリンク

過去の作品オマージュがいっぱい

この華麗なる事件簿は主演の織田裕二さんと賢正がシャーロックホームズとワトソンっぽくて、話し方やしぐさが古畑任三郎や右京さんを意識しているような感じだと思いますが、今回、刑事の山田次郎に

古畑くん

と呼び、山田も

「え~山田です。」

と古畑っぽく返していました。

さらに奏子に

謎解きはティータームのあとで

と言っていました。

これはドラマや映画にもなっている東川篤哉による日本の推理小説

謎解きはディナーのあとで

のオマージュでしょうか。

ここまで、徹底しているとキルリストがデスノートのただのパクリではなくオマージュの一部だと感じてきますね。

第1話で”13”についてアルファベットの13番目というのを奏子が

と間違えたのもデスノートつながりだったのか?

法門寺が塾で生徒の答案用紙をばらまいて

この中に紛れてしまった

と言っていましたが、それと同じですね。

他にもあるかも。なにか知っている方はコメント下さい!!

法門寺は本当に死んでもいいと考えてた?

前川との毒薬の2分の1のロシアンルーレットに勝ちましたが、本当に偶然だったのでしょうか?

主人公ですから死ぬわけはないから、毒を持って倉庫のような場所に異動したのは法門寺ですから、毒を両方無害なものにすり替えたのか?とも考えましたが毒の入っているビンを見たのは直前なので用意する時間はありませんでしたね。

となるとたまたまだったのか?

そこがわからなかったですね。

2話の感想まとめ

法門寺の話し方にも慣れてきました。

ストーリーは第1話より面白かったですね。

賢正も”13”について詳しく知っているようでした。

法門寺が奏子を気にかけているのも可愛らしいです。

第3話も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

 - テレビ