水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

砂の塔 第1話の感想は松嶋菜々子が怖いし目的は?岩田剛典と佐野勇斗がかっこいい!

   

10月14日放送の「砂の塔~知り過ぎた隣人~」第1話の感想を書いて行きたいと思います。

sunanotou

一般的な家庭の亜紀(菅野美穂)がタワーマンションに住む主婦たちの虚栄心や醜い争いに巻き込まれて行くドロドロとしたドラマに、謎の失踪事件が絡んでくるドラマ、その犯人は親切な弓子(松嶋菜々子)?

番組宣伝で、何だかタワーマンションで繰り広げられるドロドロした人間関係と

連続幼児失踪事件=通称 ハーメルン事件が絡まっていく話だとアピールしていましたが

ちょっと気合いを入れて見ないと心が折れそうかも…

それくらい日常の恐怖を描いたドラマだと思うのだけど。

主演は堺 雅人さんと結婚、昨年 第一子の男児を出産した菅野美穂さん。

ココリコ田中直樹さんと夫婦役です。

共演はEXILE、三代目JSBの岩田剛典さん。

今や岩田さんはガンちゃんと言ったほうが馴染みがありますよね?

笑顔が爽やかで、体操クラブのコーチ役。

ピッタリです!

そして 松嶋菜々子さんが菅野美穂さん 演じる高野亜紀の良き相談相手

フラワーアレンジメント教室を開く女性を演じるとのこと。

ところが、この女性 謎がありそうな雰囲気。

そして、タワーマンションの中ではどうやら
独特の

”タワマンルール”

なるものがあるらしい。

一体 どんなルールなの?

これは面白そうなドラマが始まりました!

毎週金曜日が楽しみになりそうですね。

初回視聴率は発表され次第追記します!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、高野亜紀(菅野美穂)は、家族で憧れのタワーマンションに引っ越してきた。
豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間…
そこに住むセレブ主婦たちが作った『タワマンルール』に、亜紀はア然としてしまう。
◇“何階に住んでいるか”によってエレベーターの場所まで違い、小学生同士でさえも低層階の住人が高層階の人々に見下されてしまうという「フロア差別」。
◇一回5000円!高額すぎるが、参加しないと村八分にされてしまうという「地獄のランチ」。
◇“子ども達の成長のために”という名目ながら、実は母親たちの“見栄の展示会”である「強制ハロウィン」。
他にも「ゴミ出しにも正装」「園バスは学費の順に並ぶ」などなど、外部から見るとどう考えても“変”なローカルルールに、皆が縛られているのだ。

プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちに振り回されつつ、子ども達がこの新たな環境で浮いてしまわないために、必死で馴染もうとする亜紀。

ママ友たちの勧めにより、とある体操教室を見学に行く亜紀。そこで、かつて隣に住んでいた年下の幼馴染・生方航平に再会する。
優しいコーチとして子ども達からの人気も絶大で、なおかつタワマン主婦の頂点に君臨するボスママ・寛子(横山めぐみ)が見え見えの色目を使っている中、実は亜紀にも他人には語れない“生方との秘密”があって———
写真写真
そんな中、亜紀は上の階に引っ越してきたばかりだという佐々木弓子(松嶋菜々子)と出会う。夫は海外赴任で子供はいなく、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている本物のセレブ。優雅で上品な容姿にもかかわらず、全く偉ぶることのない彼女に惹かれ、亜紀は弓子に心を許し、幼い娘・そらを連れて弓子の家を訪ねるようになる。本音で話せる唯一の友人ができて喜ぶ亜紀。

その頃、連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が世間を騒がしていた。警察の捜査を嘲笑うように次々と幼児が失踪していくが、誘拐犯の手がかりは一切見つからない。ただ一つ、失踪現場に必ず残されている一輪の花=黄色いカーネーションを除いては…
その花には一体、どんな意味があるのか…?

警察の捜査が行き詰まる中、ベテラン刑事・荒又(光石研)は失踪した子の親たちの裏事情を知る中で、ある推理に辿り着く。
「犯人は、子育てをおろそかにしていた母親の子どもを狙ってるんじゃないのか…つまり犯人の狙いは、『愚かな母親たちへの断罪』!?」

豪華な衣装をまとい、すました笑顔を浮かべているタワマンの母親たち。
しかし彼女たちにはそれぞれに、人には言えない秘密があった。
そしてそれは、亜紀にさえも…
写真写真
きらびやかなタワーマンションの“裏と表”。
それと符合する、住人の母親たちの“光と闇”。
さらに、美しい花々に囲まれ優しい微笑を絶やさない弓子と、残忍なハーメルン事件の犯人をつなぐ不気味な共通点。
一体、彼女の真の目的とはなんなのか——。
そして亜紀は、愛する家族を守る事ができるのか——!?
人々の裏にある闇の感情と、親子の愛情が、事件の伏線と複雑に絡み合う。
豪華キャスト陣をうならせた、完全オリジナルストーリー。
「母親とは何か」を問いかける本格ヒューマンサスペンスが、ついにヴェールを脱ぐ!

番組公式サイトより引用

松嶋菜々子が怖すぎ!目的は?

ドラマが始まってすぐ風呂場で汗をかきながら何かをしている弓子。

風呂掃除かな?と思いきや!

バスタブは血まみれで何かを解体した?ような気配です。

これって、行方不明になった子供の血なんでしょうか?

いや~!怖すぎる!!

未婚の弓子ですが、他人が母親らしくない行動をしていることが、許せないのでしょうか?

しかもマンションの全部屋にセキュリティのためについている防犯カメラになぜかアクセスできるようで、すべての部屋を監視していましたね。

なにが目的でここまでするのでしょうか?

 

ところで庶民にはわからないのですが、部屋の中までカメラがあるってどうなんでしょう。

「パスワードを入力すればスマホなどから映像が見られる」とコンシェルジュが説明していましたが、常に部屋の中を撮影状態ということですよね。

世の中パスワード流出事件などをよく聞きますので、こんなセキュリティはちょっと不要だと感じましたね。

せめて玄関前の廊下まででしょう!?

家の中までカメラで監視するなんて、信じられませんね!

現に弓子は全ての部屋のカメラを見られるようですから、大したセキュリティじゃなさそうです。

 

「うちのマンションは全部屋カメラ付きで安心よ」なんて言ってるあなた!

絶対見られてますよ!

少なくとも管理会社の人は見ようと思えば見られるんじゃないですか。

怖い怖い。

スポンサーリンク

連続幼児失踪事件の謎

亜紀が必死でタワーマンションの暮らしに慣れようとしていた時、事件は起こっていた。

連続幼児失踪事件=通称 ハーメルン事件。

タワーマンションの周りでは幼児が失踪する事件が起こっていた。

犯人を特定する手掛かりもなく次々と幼児が失踪していく。

唯一の手掛かりは一輪の花、黄色のカーネーション。

捜査をする刑事、荒又(光石 研さん)は

失踪した幼児の母親の裏事情を知った上で一つの推理をする。

育児をおろそかにしている母親の子供が狙われている。

つまり、これは母親への復讐 だと。

冒頭シーンで松嶋菜々子さん 演じる佐々木弓子が風呂場で血(?)らしきものを洗い流していたけど

これって事件に関係あるの?

血じゃなかったら一体なに?

まさかのフラワーアレンジメントで使ったインクを洗ってる?

そもそも インクとか使うの?

いやいや、指を切った血じゃないでしょ?

連続幼児失踪事件とリンクしてそのシーンがあったから、関連してると思ってしまうのですが

犯人ではなかった、というパターンもあるので 佐々木弓子かは わかりませんね。

刑事さんが推理をして育児をしてない母親の子供が失踪だといってましたが、

弓子も亜紀に

「ちゃんと育児をしていたら大丈夫」

と何回も言うんですよ。

部屋には思わせぶりに黄色のカーネーションがあったり

否が応でも弓子が犯人だともっていく展開です。

犯人なら ものすごく わかりやすいんだけど、犯人じゃなかったら弓子の言動はメチャメチャ怪しい!

母親達にフラワーアレンジメントをプレゼントして一見 親切そうなんだけど

実はフラワーアレンジメントには盗聴器が仕掛けられ

部屋のカメラも弓子には見られるようになっていたりして

まさに監視状態。

やっぱり弓子が犯人なの?

それにしても何のために監視をしてるの?

次々に疑問がでてきてしまいます。

とどめは弓子が犯人なら子供達はどこに行ったの?

隠しておけるような部屋でもなかったし、まして三人も隠してはおけません。

別の場所?もしくはすでに死んでしまってるとか…

全く、疑問だらけ。

この疑問はこれから明らかになっていくのかなぁ。

目が離せないです。

岩田剛典と佐野勇斗がイケメン

亜紀の幼なじみの生方航平(岩田剛典)と亜紀の息子の和樹(佐野勇斗)がかっこいいと自分の中で話題です!

まず注目したいのはお兄ちゃん和樹役の佐野勇斗さんですね。

sanoyuto

これまでノーマークだったのですがそれもそのはず、ドラマには2016年6月に放送された「ドクターカー」第10話に出ただけで、今回の「砂の塔」で初めて見た方も多いと思います。

和樹はちょっと影のある感じの高校生で、45階に住む橋口梨乃(堀内敬子)の娘・成美(川津明日香)の同級生です。

成美は和樹のことが気になる様子でしたね。

多分この先2人の恋愛話もありつつ亜紀と梨乃の階層の違いからのいざこざが起こりそうな予感です!

 

そして岩田剛典さん、言わずと知れたEXILEと3代目のメンバーですが、演技の方もなかなか上手ですよね。

亜紀の幼なじみで、亜紀の娘のそら(稲垣来泉)が見学にいった体操教室の先生・生方航平です。

ストーリーの流れ的には、初恋の亜紀と再開した航平はおそらく亜紀にぐいぐい迫るのでしょう。これに弓子はどう反応するのか?

サブライズのプレゼントを亜紀と航平が探していたことを弓子は知っています。

既にロックオンされています。

ああ、弓子が恐ろしい!

どうなるんでしょうか!!

 

第2話では亜紀の夫・健一(ココリコ田中直樹)がタワマン最上階の50階に住む寛子(横山めぐみ)の夫の阿相武文(津田寛治)と仕事上の取引先となるようです。

亜紀と航平の距離も徐々に近づいてくるようです。もちろん弓子の監視下で!

第2話が待ち遠しいですね!!

スポンサーリンク

 

 - テレビ