水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

初めまして愛してます 第2話 感想まとめ 江口洋介のテンションがイヤ!子供の名前は?

   

7月21日に放送されたドラマ「初めまして、愛してます。」第2話の感想を書いて行きたいと思います。

特別養子縁組で本当の家族になることを望む梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が男の子と心を徐々に通わせていくというストーリーで1話はラスト10分程度しか見てなかったのですが、どうやら男の子は梅田夫婦に少しだけ心を開いたように感じましたね。

第2話では2人と男の子の距離は縮まるのでしょうか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

 育児放棄された男の子の親になると決め、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が特別養子縁組の申請をしてから3カ月、二人は堂本真知(余貴美子)からの電話を落ち着かない気持ちで待っていた。今日は二人が里親として適格かどうかの判定が下される運命の日なのだ。
 この3カ月、二人は里親資格を得るためにさまざまな研修を受けてきた。子どもが苦手な美奈は養育実習に四苦八苦。面接では隠しておきたかった持病の告白を余儀なくされ、家庭訪問では梅田巧(速水もこみち)の前科が疑われるなど、真知による身辺調査は微に入り細に入り、時に二人の関係をぎくしゃくさせた。特に、それぞれの親の問題は美奈と信次に大きくのしかかる…。
 やっとの思いで書類の提出にまでこぎつけた二人。あとは結果を待つのみだったが、信次は真知に無理を言って男の子との面会を果たすと、今度は男の子に美奈のピアノをもう一度聴かせたいと懇願。その熱意にほだされたのか、真知は規則を曲げて男の子に外出許可を出す。
 門限は6時。それを過ぎれば里親申請も認められなくなる。真知の言いつけを肝に銘じ、男の子と養護施設を出る美奈と信次。その時、二人は、いまだひと言も話さず誰が近づいても逃げるだけという男の子と、手をつなぐことに成功する。気を良くした信次は、直接家に向かわず動物園に行くことを選択。それが大きな事件を巻き起こすとも知らずに…。

番組公式サイトより引用

梅田信次(江口洋介)のテンションがきつい

江口洋介さん演じる信次はお人好し過ぎるキャラで冷静な美奈(尾野真千子)と相まってかなり空回りしている感じがしますね。

それはそれでいいのですが、子供が出来ないわけではない夫婦が養子をとるという不自然さにこの信次のテンションがリアリティの無さを引き立てている気がしてもう少し控えめな演技がいい気がしませんか?

年がバレそうですが、「ひとつ屋根の下」のあんちゃんを思い出しますね。

無駄に熱くて人情深い人物を演じる江口さんは久しぶりです。ただこのドラマではちょっとイヤな感じです。

スポンサーリンク

男の子の名前が気になる

横山歩君演じる男の子の名前は今のところ明らかになっていないようですが、養子縁組が決定するまでは教えてもらえないものなんでしょうか。

せっかく男の子が心を開きかけているのに、呼びかけることもできないんじゃつらいですよね。

動物園で男の子がいなくなったとき、場内放送で「ハーフパンツをはいた男の子」というすごく抽象的な呼びかけしかできない状況が見ていてイライラしました。

夫婦を試す行動のようですが、いざこんな状況になったらパニックになってしまいそうですね。

私も子供がいますが、確かに子供は親を試すような行動をするものです。

それが、育児放棄で虐待されていた子となるとさらに激しい行動をとるものなんですね。

ちょっと前に北海道であった置き去り事件で子供がずっと自衛隊の施設に居たのも親を試していたのかも知れないなとふと思ってしまいました。

 

次週第3話ではいよいよ共同生活がはじまり男の子の試す行動がエスカレートするようです。

この困難を乗り越え本当の家族になれるのか!?

見守って行きたいと思います。

 

あ、ほんとどうでもいいんですが、尾野真千子さんのこめかみのイボが気になって仕方ないです。なぜか左から撮るシーンが多いからなおさらです。

スポンサーリンク

 - テレビ