水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドラマ仰げば尊し 第1話 感想 二世俳優たちの演技力は?

   

7月17日放送の日曜劇場「仰げば尊し」初回第1話の感想を書いてみたいと思います。

TBSは今まで「金八先生シリーズ」「スクールウォーズ」「ヤンキー母校に帰る」「花より団子」「ROOKIES」「タンブリング」など数々の青春学園ドラマを制作してきました。

今回の「仰げば尊し」は、弱小吹奏楽部が一人の教師の指導のもと全国大会の頂点を極めた”奇跡の実話”を元に作られたドラマです。

ただ、そこにははみだした問題児たちがいるのですが、問題児たちと真正面から向き合い、吹奏楽の指導に励み”音楽の甲子園”を目指すのだから、これは 感動する事 間違いなし!
とかなり期待して観ました。

それに、このドラマ 二世俳優が けっこう出ているんです。

なので、初回の今回は主人公、樋熊迎一(寺尾聰さん)の静かだけど熱血ぶりと、今後 期待の二世俳優さんたちについて話していきますね。

スポンサーリンク

樋熊迎一(寺尾聰さん)が熱血すぎる

横須賀の公園でブラスバンドを指導する元サックス奏者の樋熊迎一

その姿を見ていた美崎高校の校長、小田桐(石坂浩二さん)は樋熊の静かだけど暖かい丁寧な指導を見て、ぜひ学校に来て指導をしてほしいと頼みます。

樋熊は高校を訪ねると、そこには大人をなめた態度の生徒たちがいて樋熊に

「ここでは俺らが法律だ!」

と言い放ち去っていきます。

そんな生徒の姿を見て樋熊は非常勤講師になることを決めます。

就任の挨拶で、打ち込めるものを何かやろう、と熱く語る樋熊。

樋熊の真っ直ぐな語り口がとても心地よいです。

普通なら、しらじらしく聞こえるようなセリフも 全然気にならず、逆に何かやらなければ!

と思ってしまうようなそんな感じさえしました。

何なんだろう?この説得力は?

その日から早速、吹奏楽部の指導をするのですが、樋熊は問題児たちにも勧誘の声をかけます。

当然、問題児 青島裕人(村上虹郎)、木藤良蓮(真剣佑)たちは、吹奏楽部の邪魔をしにきます。

青島たちが 暴力や脅しをかけるのですが、樋熊は動じず青島たちに語りかけます。

沢山の問題児たちが息巻いている中で、ビビる事もなく、脅しも受け止めているなんて なんて腹が据わってる!!

絶対 何かされると思ったら怖いのに、なんで樋熊はこんなに冷静でいられるのか不思議です。

でも、冷静に対応するけど やっぱりまだ青島らに音楽の素晴らしさを語るところなんか

熱血!

ではありませんか!

吹奏楽部の発表会も青島らにぶち壊されてしまい、部長の有馬 渚(石井杏奈 E-girls)は泣き崩れてしまいます。

しかし、こんな事で負けていない樋熊先生。

誰を責めるわけでもなく、放送で吹奏楽の勧誘を始めます。

部室に部員や青島ら問題児を集め、音楽を通じてもっと広い世界をみてほしい、自分の失敗は自分でしか取り戻せない、と熱く語る樋熊。

青島ら問題児は イスで窓ガラスを叩き割り、吹奏楽部には入らないと言って教室を出て行きます。

それでも諦めていない表情の樋熊。

心の底から音楽をしてほしい、楽しんでほしいと願っているから熱く語れるのでしょうが…

私なら やっぱりへこみますね、ガラスまで割られたら。

単純にもういいか、誘うのやめよ、と諦めますが、樋熊先生の情熱 スゴイです!

スポンサーリンク

今後 期待の次世代を担う二世俳優たち

問題児、青島裕人を演じる村上虹郎さんの父親はモデルで俳優の村上 淳さん。母親は歌手のUAさんです。

docomoのCMにも出演してますね。

口数は少なく、表情も喜怒哀楽を表さないクールな青島。

一緒につるむ仲間もどこか青島には気を遣っている雰囲気があります。

どうやら、以前はバンドを組んでいて文化祭で上級生とケンカをした時の傷が元でギターが弾けなくなってしまった過去を持っています。

それからは投げやりになって問題を起こすようになったようです。

樋熊はそんな青島らにもう一度 音楽の楽しさを感じてほしくて勧誘をするのですが、心の傷が深く樋熊の言葉にも耳をかしません。

仲間も問題児になった原因はこの青島にあるようですが、樋熊の言葉が心に届くのがいつになるか気になるとこです。

青島のそばで青島を気にかけているのが木藤良蓮を演じる真剣佑さんです。

父親はスタントやアクションで有名な千葉真一さんです。

真剣佑さんは最近では「ちはやふる」にも出演していましたね。

この木藤良蓮は青島の片腕的な感じがします。

いつも、青島を気にかけ口数が少ない分 仲間たちとのカバーをしています。

なんだか根っからのワルではなさそうですが、樋熊の過去を調べ 吹奏楽の部員に樋熊の過去を言って発表会をぶち壊してしまうところは 悪知恵は働く奴なんだな、と。

いくらイケメンでも、頑張ってる人の邪魔をするのは最低!

これはアカンよ、ホンマに。

次にグループのムードメーカー的存在の高杢金也を演じるのは太賀さんです。

父親は俳優の中野英雄さんです。

春ドラマでは、「ゆとりですが何か?」や、「恋仲」にも出演していましたが、今回はバリバリのヤンキーですね。

パンチパーマに学ランで、最初 誰かわかりませんでした。

高杢はグループの中ではお笑い担当みたいな感じで、抜けてるとこもあってクスッと笑えるのが、良い味がでてますね。

次回もクスッと笑える場面を密かに期待してます。

二世俳優さんを見てきましたが、ここで主役の寺尾聰さんも二世俳優さんだと知っていましたか?

知っている人は少ないでしょうね。

父親は亡くなりましたが、名優の宇野重吉さんです。

私もあまり知らないのですが、ネットで調べたら渋い名優だと載っていました。

写真がでていましたが、ソックリでビックリしましたよ。

まとめ

最後ではやはり吹奏楽部に入部することはなかった問題児たち。

次回の予告も樋熊先生が殴られたりしていたので、まだまだ入部は先の話になるのでしょうね。

でも、熱血先生がどんな風に問題児たちを入部させるのか、スゴく気になりますね。

それと、話では保護者にも苦労をするみたいなので、どんな風に絡んでいくのか第2話が楽しみなドラマですね。

スポンサーリンク

 - テレビ