水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドラマ「ヒガンバナ」第1話 感想まとめ!堀北真希がかわいい!視聴率は?

   

1月13日に放送された新ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」第1話の感想を書いて行きたいと思います。2014年秋にスペシャルドラマとして放送された「ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル~」が連続ドラマとして帰ってきました!

先日結婚会見をしたDAIGOさんも登場してますね!

第1話の視聴率は発表され次第追記しますよ!

 【追記】第1話視聴率は11.2%でした!!2けた行きましたね!

それでは感想まとめいってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

東京オリンピックの新競技場の起工式が行われ、海外からの視察団が豪華客船で会場予定地を視察することになり、刑事部長の神藤(佐野史郎)と捜査一課長の北条(平山浩行)は、警備部の応援で一課全員による厳重警備を指示。一課の雪乃(檀れい)はあるストーカー被害事件の捜査を申し出るが、北条から即却下されてしまう。

しかし、神藤と捜査七課長のすみれ(大地真央)、視察団を乗せた豪華客船が無事出航した直後、雪乃が捜査しようとしていたストーカー事件の被害者・千鶴(関めぐみ)が遺体で発見される。

すぐに現場に向かう雪乃だが、突然目の前に現れた渚(堀北真希)が現場でヘッドフォンを外した直後、“ある言葉”を言い残して意識を失ってしまった。

そんな中、千鶴の“殺害予告”の動画があることが判明。しかも、同一人物の手で視察団が乗る豪華客船の爆破予告動画がアップされていたのだ!タイムリミットは4時間半…!

雪乃は渚たち捜査七課=通称“ヒガンバナ”に派遣され、彼女たちと共にストーカー殺人事件の捜査にあたることになるが、七課のメンバーはクセ者揃いで面食らう雪乃。

さらに渚の前には胡散臭いジャーナリスト・謙人(DAIGO)が現れ、「一目ぼれしちゃった」と近づいてきて…!?

捜査が進むにつれ、事件当日、千鶴に会っていたという高校時代の同級生・綾香(小野ゆり子)、千鶴が仕事で取材中だった妊婦・珠美(ともさかりえ)と夫の新之助(山中崇)、フリーターの大山(矢本悠馬)など様々な容疑者が捜査線上に浮かんでくる…!

果たして渚たちは殺人犯を突き止め、豪華客船の爆破を止めることができるのか!?

番組公式サイトより引用

個性的な女だらけ!

主人公の来宮と峰岸の即席コンビが今後も続いて行くみたいですね。檀れいさんは年配の男性を取り込むためのキャスティングでしょうか!?

第1話では七課の女たち全員の特技?が披露されてましたね。みんな一癖も二癖もありそうな濃いキャラでしたね!

そんな女たちをまとめ上げる七課の課長瀬川すみれを大地真央さんが演じています。

オープニングは全員赤のドレスで決めてますが、大地さんだけオーラが違いますよね。宝塚!って感じです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

初回の感想としては、堀北さんがかわいいのでつい見とれてしまってストーリーが頭に入ってこない事がありました(笑)

でもわかりやすいストーリーで基本、女の七課VS男の一課という軸で七課の中でも来宮と峰岸が対立しながら事件を解決していく感じになるようです。

DAIGOさん演じるフリージャーナリストの菊池がどのような役割をするのかも気になりますね。

主人公が特殊な能力で事件を解決していくという、悪く言えばありきたりな話なので今後どのように差別化を図っていくのかが見ものではないでしょうか。

裏番組で長瀬智也さんの「フラジャイル」を放送しているので視聴率争いも気になるところですね!

スポンサーリンク

 - テレビ