水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

5時から9時まで 最終回 感想まとめ!石原さとみ可愛すぎ!視聴率は?

      2016/03/23

12月14日放送のドラマ「5時から9時まで」第10話の感想を書いて行きたいと思います。先週の第9話ラストでは高嶺(山下智久)に別れを告げられ、ショックを受けた潤子(石原さとみ)を、清宮(田中圭)が抱き寄せましたね!!とうとう迎えた最終話!2人の恋の結末はどうなるのでしょうか!?

そして、視聴率も気になりますね!発表され次第追記しますよ!

【追記】最終回視聴率は12.7%でした!初回の12.6%を超え最高視聴率を更新しましたね!最低視聴率は第6話の10.6%でした。なんとかオール2けた達成しました!

5→9DVD情報はこちら

それでは感想まとめいってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

桜庭潤子(石原さとみ)は、星川高嶺(山下智久)と別れることになったと、ELAの人々に報告。清宮真言(田中圭)は、潤子に復職するように言い、潤子もそれを受け入れる。一方、高嶺は足利香織(吉本実憂)との結婚を決意。星川ひばり(加賀まりこ)によって、日取りも決められてしまう。
その頃、桜庭家では、元気のない潤子を励まそうと家族が必死になる。そこへ、高嶺が合鍵を返却しにやってくる。潤子と別れたと言う高嶺に、ショックを受ける潤子の家族。納得がいかない桜庭満(上島竜兵)は、自宅を後にした高嶺を追うが、目を真っ赤に充血させた高嶺を見て核心を突けなくなる。

ELAでは、潤子と高嶺を仲直りさせようと、山渕百絵(高梨臨)や木村アーサー(速水もこみち)らが動き始める。高嶺に手料理を食べさせられなかったことが心残りだと言う潤子に、弁当を作らせ、一橋寺に連れて行く。寺に着いた潤子が戸惑っていると、あいさつ回りを終えた高嶺と香織が戻ってくる。潤子を認めた香織は、一礼するとその場を立ち去る。残された高嶺に、潤子は弁当を差し出すが、高嶺は一言も発さず行ってしまう。そこへ、星川天音(志尊淳)が現れた。事情を察した天音は、潤子の弁当を食べ始める。弁当を持ち帰るのが嫌だった潤子は、うまいと言って食べる天音に感謝し、帰っていく。すると、入れ替わりに高嶺がやってくる。天音は、弁当の残りとそこに添えられていた潤子からの手紙を差し出し…。

番組公式サイトより引用

スポンサーリンク

ELAの前で潤子を抱き寄せた清宮は意外とあっさりでしたね。

そして潤子がニューヨークに行く前日に「好きな人にいつでも会えるのは当たり前じゃないんだ」というセリフは良かったですね。

ほんと田中圭さんはいつも報われない脇役ですが、かっこいい!

ラストでひばり(加賀まりこ)が潤子を毛嫌いする理由が明らかになりましたね。「寺を出て行った高嶺の母親にそっくり」でそのせいで高嶺の父親=ひばりの息子が事故で亡くなったのが原因でした。高嶺まで失いそうで怖かったんでしょうね。

これまでの、潤子に無理やりつらく当たっていた理由がわかって納得しました!

ひばりに「高嶺は寺にいます。頭の悪い子ね!高嶺は寺にいます!!」と言われ駆け出す潤子ですが、ヒールのまま寺まで走っていったんですかね(笑)

スポンサーリンク

あなたの妻になって差し上げます

放送中からツイッターでは石原さとみさんが可愛いという声で溢れていました。トレンドにもはいっていましたね。

クリスマスツリーの陰からスーツ姿で現れたやまピーかっこいい!!!、いや高嶺ですが、顔塗り過ぎだろ!と突っ込んだのは私だけではないはず!

 

まとめ

最終的にみんな幸せになったので良かったですね。清宮は潤子を好きになったことで一歩踏み出せたので良かったのかな?

今回は石原さとみさんやっぱりかわいい!って感想の人が多いんじゃないですか?

最終回の感想を一言でまとめると「石原さとみはかわいい」ですね!

全体的に潤子が軽すぎる性格なのが気になったんですが、原作ではもっとふわふわした軽ーい、ちょっと頭のよわい感じの女の子なようですね(笑)ドラマも終わって、ごじくじロスなので原作マンガを読んでみたいと思いますね。

 - テレビ ,