水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

オトナ女子第4話篠原涼子がわざとらしすぎる!?吉瀬美智子はキスが下手?感想まとめ!

   

11月5日放送のドラマ「オトナ女子」第4話、だんだん面白くなってきましたね!思わずニヤニヤしてしまうシーンが増えてきて最初の頃より満足度がアップしてきました。

それでは感想まとめいってみましょう!!

スポンサーリンク

篠原涼子の演技がわざとらしい?

相変わらず髪の毛をかき上げたり、揺らしたりしまくりの篠原さんですが、江口さんとのやり取りは可愛らしく見えましたね。

まずあらすじをみてみましょう。

亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者・池田(平山浩行)から、結婚を前提とした交際を申し込まれた。それを知った萠子(吉瀬美智子)やみどり(鈴木砂羽)は、体の相性が大事、時間をかけて愛を育む余裕はない、などと勝手なことを言い始める。そんなふたりに対して亜紀は、池田は誠実な人だからゆっくり考えたい、と返す。

亜紀たちが制作を進めているアラフォー向け恋愛アプリのシナリオが上がった。それを読んだ高山は、波乱が足りない、と助言する。風がなければヨットが進まないように、恋愛にも適度な波風はあった方が刺激になる、というのだ。

萠子は、栗田(谷原章介)の自宅で開かれたパーティーに呼ばれる。が、そこで「お花屋さんの大崎さん」と紹介されたことに傷ついた萠子は、他に女性がいてもいいがせめて1番にして、と栗田に迫る。

みどりは、陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)から学校に呼び出される。陵が、階段を滑り落ちそうになった生徒を助けようとして軽いケガをしたという。その際、沢田は、またダンスの練習を見学に来てほしい、とみどりに伝える。

池田とのデートの為、カフェで待ち合わせていた亜紀だが、大雨の為に外に出られず高山と2人だけカフェに取り残されてしまい…。

番組公式サイトより引用

スポンサーリンク

吉瀬美智子のキスシーンが変?

萠子を演じる吉瀬美智子さんはダメダメ女っぷりが意外に似合いますね。

ドラマ「昼顔」のときも感じたんですが、吉瀬さんキスシーンがちょっと下手じゃないですか?なんか首の動かし方が変(笑)

吉瀬さん自身が透明感のあるイメージなのでキスシーンがしっくりこないだけかもしれませんが…

それに比べて、みどり(鈴木砂羽)のちょっとしたベッドシーンの方がなんとなくイヤらしい感じでしたよね。

沢田(千葉雄大)と早くもHしちゃいましたね。沢田のキャラがいまいちわからないままなので今後の2人が気になります。

このドラマでほのぼのするのは猫のシーンだと思いますが、私はみどりの3人の男の子のシーンも好きですね。

ドラマが終わる頃にはファブリーズのCMとか出演してほしいです(笑)

そして、今回やっと亜紀(篠原涼子)と、高山(江口洋介)の気持ちが少しづつ動いているのがわかりニヤニヤがとまりません。

亜紀と池田(平山浩行)が抱き合っているのを見た高山が、笑顔の後に自分の胸に手を当てる。その時の表情。

あれ?って感じの江口さんが最高にカッコよかったです。

これからどんどん惹かれていく前兆ですよね。江口さんの演技は安心して見ていられるのできっとキュンキュンするシーンが増えるとおもいます!楽しみ!

亜紀と高山と池田の三角関係?もどんどん話が絡まっていきそうですね!

最近のドラマはマンガ原作の作品ばっかりですが、この「オトナ女子」は珍しくオリジナル脚本です。結構面白いですよね。

でも視聴率はあまり良くないんですが、今後伸びていく?かもしれませんから期待しましょう!

スポンサーリンク

 

 - テレビ